株式会社 パルブレッド

商品紹介/「こだわり酵母パン」のおいしさには秘密があります。 商品紹介 「こだわり酵母パン」のおいしさには秘密があります。

主力商品のこだわり酵母シリーズのパンは、
厳選した「ホシノ天然酵母パン種」を使用し、
砂糖(花見糖)、食塩(海はいのち)、水を基本原料とした、
必要最小限の原料だけでつくっています。

「ホシノ天然酵母パン種」を使用しています。

「ホシノ天然酵母パン種」には、酸味が少なく、香りが良く、
小麦粉の風味やうまみを引き出したパンができる、という特長があります。
主原料である小麦粉をたっぷり使い、「ホシノ天然酵母」でじっくり発酵させたパンは、
自然の甘みがしっかり味わえます。

ホシノ天然酵母、イースト菌、イーストフードの違いとは?


ホシノ天然酵母は、酸味を出す乳酸菌、酢酸菌などの自然界にある様々な菌が含まれており、それらがじっくり発酵・熟成されて複雑な味わいのパンができます。

イースト菌は、自然界にある多種多様な菌のうち、製パンに適したイースト菌を果実や穀類から分離して、工業的に純粋培養したものです。またイーストフードは、イースト菌の発酵を促すための栄養源で、通常は塩化アンモニウムや炭酸カルシウムなどの添加物が用いられます。

イーストフードを使えば、フワフワした軽いパンを大量に作ることができ、小麦の量も少なくてすむので、価格も安くなるのです。

熟練した職人の手で、2日もかけて作っています。

酵母の培養に1日、生地の発酵に12時間、
元種づくりから焼き上げまで、実にまる2日をかけて作っています。
天然酵母はとてもデリケートで、
ちょっとした温度や湿度の具合で生地の状態が変わるため、
職人が自らの目や鼻をきかせて発酵の具合を確かめながら、
手間を惜しまず、ていねいに焼き上げています。

パルブレッドのパンをおいしく食べるポイントとは?


食パン

軽くトーストするだけで、焼きたての味と香りが戻ります。保存はすぐに冷凍がポイントです。1枚ずつラップやファスナー付袋で包んでおくと便利。冷凍のまま、オーブントースターへ入れてください。霧吹きをするとさらにおいしくなります。

※冷凍後は2週間程度を目安に食べ切ってください。
※1.5斤をスライスする場合は、パンを横にして普通の包丁でパンの底(角)から切るとパンくずがでにくくなります。


菓子パン

電子レンジで10秒ほど加熱するだけでOKです。または、あらかじめ温めておいたオーブントースターの中に入れるだけ(入れる時間はお好みで)。加熱はせず、余熱状態のままにするのがポイントです。

原材料は主原料の小麦粉に、花見糖、塩、天然酵母だけ。

一般に工場で大量生産されるパンは、作業効率や食感、日持ちの良さを考え、
イーストフードや膨張剤、酸化防止剤などの添加物を使うことも。
「こだわり酵母パン」は、
主原料の小麦粉、花見糖と塩、ホシノ天然酵母のみで作られています。

“欠点”が、そのままおいしさの秘密です。


市販品にくらべて、硬くパサパサしているのは、なぜ?

乳化剤を使用していないためです。パンは時間の経過とともに硬くなりますが、それは小麦の主成分であるでん粉(炭水化物)の老化によるものです。市販品の多くはでん粉の老化を防ぐために乳化剤を使用しているため、いつまでもしっとりとやわらかいのです。

カビが発生するのは、なぜ?

温度差による結露が大きな要因です。パルブレッドでは、防カビ剤などの添加物は使用していないので、消費期限を過ぎるとカビが生えることもあります。夏場などは高温での保存や結露による水分が大きく影響しています。しかし、それはむしろ自然なことで安心・安全の証だと考えています。

消費期限が短いのは、なぜ?

不要な添加物を使用していないためです。パルブレッドのパンは、防カビ剤や保存料などの添加物を使用していないので、消費期限が若干短くなっています。また配送上の問題から、お届け日の前日に焼いたパンをお届けするシステムになっています。こうした理由から、食べきれない場合は冷凍保存をおすすめしています。

食べごたえと腹もちの良さに自信があります。

やや硬めでズッシリとした重量感。
天然の酵母でじっくり焼き上げたパンは、食べごたえと腹もちの良さが違います。
一度食べたらやめられない、と評価されるほどの大人気商品です。

「こだわり酵母食パン」の詳細はこちら パルシステムの「パンの商品ラインナップ」はこちら
PAGE TOP