エネルギー政策

エネルギー政策 エネルギー政策

「環境政策」に基づき、省エネルギーの推進「減らす」、脱原子力発電「止める」、再生可能エネルギーへの転換「切り替える」に関する政策を定め、その取り組みを通じて原子力発電に頼らない再生可能エネルギーの拡大や資源循環型の社会システムづくりを目指します。

パルシステムの立場

パルシステムは、原子力発電に頼らない資源循環型社会の創造を目指した活動を積み重ねてきました。東京電力福島第一原子力発電所の事故は、改めて原子力発電の危険性を全世界に示したものでした。この事故を深く受け止め、省エネルギーの推進、脱原子力発電、再生可能エネルギーへの転換に関する運動を進めることで、パルシステムの「心豊かなくらしと共生の社会を創ります」の理念の具現化を目指します。
私たちは、子どもや孫を含む未来の世代への責任と地球環境全体への責任を自覚し、パルシステムとしての立場を明らかにします。

エネルギー政策が目指すもの

(1)生活者がエネルギーを選択できる社会を創ります。
(2)事業と運動の取り組みを通じ、地域との協同で再生可能エネルギーへのシフトを広げます。
(3)発電産地などとのネットワークを拡大することで、地域の活性化につながる地域分散型のエネルギーを構築します。

このページの上へ戻る
このページの上へ戻る