掲載日:2016年4月26日 パルシステム生活協同組合連合会

熊本地震におけるパルシステムの支援活動ヒト、モノ――続々と熊本へ

熊本地震で被災したみなさまへ心からお見舞い申し上げます。パルシステムでは、緊急支援募金を呼びかけているほか、現地へのボランティア派遣や緊急物資の提供など、支援活動を展開しています。

熊本へ届いたパルシステムの支援物資

熊本県を中心に発生している大規模地震は、観測史上初めて震度7を2回記録するなど、これまでにない災害となっています。これを受け、パルシステムグループでは、組合員へ緊急募金を呼びかけているほか、職員のボランティア派遣や物資支援などを実施しています。

これまで実施している活動を報告します。

緊急支援募金は2,648万円に

4月18日(月)から、ホームページやメールマガジンなどを通じ、緊急支援募金の呼びかけを開始しています。これまでの合計で26,488,900円が寄せられています。ご協力ありがとうございます。

募金は、震災被害が発生した各自治体が指定する義援金窓口、被災地で活動する支援団体被災したメーカー・産地等の取引先などへお送りします。受付期間は、5月28日(土)までを予定しています。

【関連リンク】
パルシステムの災害復興支援

政府要請受けボランティアを派遣

厚生労働省からのボランティア要請に対し、4月22日(金)から26日(火)(実活動23日〔土〕~25日〔月〕)の日程で、5人の職員を日本生協連を通じて派遣しました。ボランティアは、熊本県美里町で支援物資の仕分けや輸送作業に携わっています。

熊本市内の児童養護施設へ物資を届けるパルシステム職員

避難所へはブルーシートを届けました

災害弱者はいまも食料が不足

福祉活動における講演会や視察などを通じてパルシステムグループと協力関係にある社会福祉法人陽光(熊本市)の要請に基づき4月23日(土)、支援物資を提供しました。内容は、米飯セット(2,000点)、レトルト食品と缶詰(3,000点)、水(3,000点)、紙コップ(3,700点)などで、200人が5日間生活できる量です。

支援物資は、特別養護老人ホーム天寿園、社会福祉法人天寿会、熊本県老人福祉施設協議会、熊本市高齢者支援センターささえりあ金峰、デイサービスセンターみかんの花、熊本県立阿蘇中央高校避難所へ提供しました。現地では、避難所まで行ききれない施設や在宅の高齢者、障がい者など災害弱者といわれる人々が、特に食料調達もままならないとのことです。

トラックから小分けして必要量を各地へ

物資が届けられた特養ホーム天寿園

現地で活動する支援団体へ

そのほか、現地で活動を開始した団体へ、当面の活動資金を支援しました。全国フードバンク推進協議会へは200万円を拠出し、全国のフードバンク団体と現地支援団体と連携しながら、支援物資を避難所などへ届けています。一般社団法人ピースボート災害ボランティアセンターへは400万円を支援し、炊き出しを含めた支援を準備しています。近隣には車内や在宅で避難する住民がいることから、避難所外への物資や炊き出しの配達も予定しています。

そのほか、パルシステムグループではパルシステム山梨が4月21日(木)、山日YBS厚生文化事業団へ義援金10万円を贈呈しました。義援金は日本赤十字を通じ被災地へ提供されます。

お問い合わせ

パルシステム連合会 広報担当
TEL:03-6233-7241

このページの上へ戻る
このページの上へ戻る