パルシステム電力通信No,1
発電産地紹介1

三峰川みぶがわ電力株式会社

いつもパルシステムでんきをご利用いただきありがとうございます。
今月から発電産地の出来事や再生可能エネルギーに関する情報を掲載していきますので楽しみにしてください。
第1号は山梨県にある三峰川電力についてパルシステム電力の松本がご紹介いたします。
山梨県の北杜市にある川俣川より取水した村山六ヶ村堰(むらやまろっかむらせき)があります。
村山六ヶ村堰は16kmあまりの水利区間で、農地の灌漑(かんがい)と生活用水に利用されています。
三峰川電力はこうした水路を流れる水を活用した水力発電所を運営しております。
そのうち3か所が2016年4月より発電産地として日々、電力の供給をしています。
1つの発電所からの発電量は決して大きくありませんが、上流から下流まで1つの川の流れで複数個所の水力発電所を設置することにより、水の力を繰り返し使い多くの電力を生み出しています。

北杜西沢発電所建屋
建屋も自然の景観を損なわない色を採用 北杜西沢発電所建屋
写真構成=パルシステム電力
用水路
用水路から建屋へ取水(写真左)している。取水する際にゴミの除去を行っています(写真右)
水車と発電機
水車と発電機    北杜西沢発電所

水を貯めることなく、そのまま発電に使用しています。その発電形式を「水路流込式」といいます。3か所とも同様の方式を採用しています。
発電に使用した水は用水路に戻し、一定の水量を保つことで生態系へ影響を与えないよう配慮をしています。

村山六ヶ村堰疏水

村山六ヶ村堰は農林水産省の「疏水百選(そすいひゃくせん)」にも選定されるだけでなく、国際かんがい排水委員会より、歴史的・技術的・社会的に価値ある施設として「世界かんがい施設遺産」にも認定されています。


【発電所情報】
発電方法:水路流れ込み式による水力発電※

発電所名:北杜西沢発電所
契約発電量:220.0kWh
所在地:山梨県北杜市大泉町西井出石堂地内

発電所名:北杜川子石発電所
契約発電量:230.0kWh
所在地:山梨県北杜市高根町東井出地内

発電所名:北杜蔵原発電所
契約発電量:200.0kWh
所在地:山梨県北杜市高根町蔵原地内

※水力発電とは?
水力発電は、水が高いところから低いところに落ちる性質を利用し、流れ落ちるエネルギーを水車で受け止め回転させます。その回転により発電機が動き電気をつくるしくみです。


取材協力=三峰川電力
構成・文=パルシステム電力