顔の見える「生産者」が
“でんき”を作っています

「発電産地」と呼ばれる、全国各地の“電気の生産者たち”が中心となって日々、自然の力を利用して電気を作っています。その多くはもともとパルシステムの「産直産地」として米や野菜、鶏肉の生産に取り組んできた人たち。食を育むように電気も丁寧につくる――いま発電産地のネットワークが広がり続けています。

発電産地のご紹介

森のソーラー 
高橋恭嗣さん

原木を守り、電気をつくる

しいたけを栽培しながら電気を作る

「太陽光による発電と原木しいたけの栽培はとても相性がいいんです」。コナラやクヌギを“ほだ木” にしいたけの菌を植え付け、一般に流通する菌床栽培よりも歯ごたえも風味も勝る「原木しいたけ」を生産しているJAつくば市谷田部産直部会の高橋さん。それが2011 年の原発事故で状況は一変。約14万6千本の原木は廃棄せざるを得ませんでした。新たな原木を探し全国を回ると同時に、ほだ場自体森の中の環境を作り出すため、湿度や日照の調整ができて可能なかぎり放射性物質が混入しないように対策をしていくなかで、着想を得たのが太陽光発電でした。

“故郷で挑戦し続けること”の象徴

ソーラーパネルをハウスの天井代わりに利用すれば、放射能対策にもなるうえ、売電収益を通じて放射能対策費や、落ち込んだ消費を回復すべく原木しいたけを広める製品開発費などに活用できると高橋さんは考えました。「震災前も震災後も、太陽の日差しは変わらずこの土地を照らし続けています。風味豊かな原木しいたけをこの地で作り続けると決意した私たちにとって、自然のエネルギーで電気を作ることは単に新しい事業を始めることを意味しません。“故郷で挑戦し続けること”の象徴でもあるんです」

(株)森のソーラー (古河太陽光発電所) 高橋恭嗣さん

十文字チキンカンパニー 
古舘裕樹さん

鶏糞で、電気をつくりたい!
立ち上がった仲間たちは
全員、"素人"でした

400トンの鶏糞を有効活用したい

私たちはずっとここ岩手県内で代々続く養鶏農家さんとともに、パルシステムの組合員のみなさんに『までっこ鶏』をお届けしてきました。 なので、いま発電所で働いている社員22 名は、所長である私も含め、実は全員が発電については素人なんです。
じゃあなんで発電なんか始めたの?ってよく聞かれます。 ひとつは年間5,000 万羽の鶏を飼育しながら、毎日400トンも発生する鶏糞を有効活用できないか ―これまでは堆肥に還元してきましたが― という長年の課題を解決したい、という目的がありました。

いっさい無駄なものがないクリーンなエネルギー

しかしそれ以上に、やはり東日本大震災の教訓が大きいです。従業員のなかには家族が津波の犠牲になった者もいます。故郷を襲った未曾有の災害を経て、私たちが社会に貢献できることはなんだろう、と考えたとき「発電」というアイデアが自然と生まれたのです。
今では供給する電気は約4,800kW、一万軒分くらいの電気量になります。 1t の鶏糞を燃やすと100kg の灰が残りますが、この灰も肥料原料にして循環していくので、いっさい無駄なものは出ないんです。 これこそが子どもたちの未来に残してあげたい、安全で安心なエネルギー。これからも鶏たちとともに歩んでいきますよ!

十文字チキンカンパニー バイオマス発電所 古舘裕樹さん

神奈川中央養鶏農業協同組合 
安藤正昭さん(写真左) 
彦坂誠さん(写真右)

太陽光発電をパルシステムでんきへ――
将来はバイオマス発電にも挑戦したい

長年悩ましかった鶏糞問題

長年、養鶏に取り組む私たちは、かねてよりバイオマス発電はできないか試行錯誤をしてきました。 毎日60万羽から生まれるダンプカー6台分の鶏糞は、どうしても臭気問題を引き起こしてしまう。 これまでは鶏糞を天日乾燥、ときには火力乾燥させ、発酵させてから肥料に循環活用していましたが、臭気自体はどうしようもなく、ときにはクエン酸をかけて抑制する方法もとってきました。
しかしそれでも限界はある。だからこそ、鶏糞を発酵させることで生まれるメタンガスが電気のもとになると聞いて「これだ!」と思ったのです。

バイオマス発電への夢は膨らむばかり

しかしことはそう簡単ではありません。 バイオマス発電には巨大なプラントを建設する費用と場所が必須。 そこでまずは地域に点在する鶏舎の屋根に太陽光パネルを載せ、再生可能エネルギーの実践を始めてみよう、となったのです。
すると、組合に加盟している養鶏農家さんたちも「おもしろそうだな」と関心を持ってくれる。 そうして仲間の意識の高まりも踏まえながら、遠くない将来、バイオマス発電にも挑戦しようと思っています。

神奈川中央養鶏農業協同組合 安藤正昭さん(写真左) 彦坂誠さん(写真右)

野川土地改良区 
工藤誠一さん

豊かな水資源の可能性を突き詰めた先に
おいしい米と、安全な電気がありました

水と生き、水と闘ってきた生産者たち

「集落を流れる野川は、昔"暴れ川"として有名だったんです」と語るのは、JA山形おきたまの生産者、工藤誠一さん。 朝日連峰の雪解け水は肥沃な大地を育みながらも、ひとたび大雨が降るとその実りを無にしてしまう顔も持っていました。 そこに2011年、上流にダムが完成してから状況は一変します。
「時を同じくして発生した原発事故で、福島からたくさんの方がここにも避難されていました。 何か力になりたい!と思っていたところに、"せっかく整備された水路の水を使って発電しよう!"というアイデアが生まれました」

"電気の川"が生み出す恩返し

そうして生まれた「野川小水力発電所」。 ダムから流れ込む水は24時間、365日、年間で約108万kWh(およそ350世帯分)の電気を生み出しながら、そのまま麓の田んぼを潤しています。
「原発に頼らない社会はきっとできる。そのためにも私たち大人が子どもの未来のために何ができるか考えないと―― もちろん、おいしい米を作り続けるよ!」と工藤さん。 「私たちにとって、野川は切っても切れない存在。この"電気の川"はきっと、子どもたちの世代にとっても大切な恵みの存在となってくれることと思います」

野川土地改良区 工藤誠一さん

大潟共生自然エネルギー 
高橋浩人さん

村民による、村民のための電気。
子や孫の代まで継げる未来のエネルギーにかけています

自立できる村づくりへ

50数年前に日本最大の干潟だった大潟湖を干拓してできた村が、いま私たちが暮らし、農業を営んでいる大潟村です。 海抜マイナス4メートルのまっ平らな土地なので、田畑に水を入れるにも排水するにもポンプを使う―― つまり、電気は欠かせないんです。
原発事故の教訓もあり、村役場と地元企業が連携し、村民も参加したメガソーラー事業に取り組むようになったのは自然な流れでもありました。 私自身、パルシステムにコアフード米をお届けする産直産地「オーリア21」の代表も務めていましたが、農業とエネルギーで自立した村づくりを進めたくて、いま村長として先頭に立っています。

村民あげての応援が太陽光発電を支える

村の成り立ちが「開拓」だったこともあってか、村民の絆はとても深い。 この太陽光発電所を作るにあたっても、その基金に対して全村民3,200人の4割近くが出資してくれました。
長らく村は減反政策に翻弄され、今は米価の下落でなかなか先行きが見えにくい。 だからこそ子や孫の代まで安心して暮らせる"土台づくり"に人生をかけたいと思っています。

大潟共生自然エネルギー 太陽光発電所 高橋浩人さん

佐原農産物供給センター
/ パルシステムのおひさまシェアリング
香取政典さん

原発事故の学びを、忘れないために。
これが、私の最後の仕事です

子や孫の代までこの豊かな土地を守る

福島第一原子力発電所での事故後、千葉で農業を営む私たちも、放射能問題の対応に追われました。 畑に降ったかもしれない放射性物質の除去のため、ひまわりを一面に植えて吸着する実験をはじめ、ありとあらゆる取り組みをしながら、残留放射能の検査も繰り返す日々。 実害とともに風評被害にも翻弄されるなかで、私たちができることは「事実を追求し続けること」だけでした。
私は代々ここに土とともに生きてきた生粋の"農民"です。 このあと朽ちることがあっても、子や孫の代までこの豊かな土地を守り、おいしさの詰まった野菜を作り続けてほしいと願っています。

太陽光パネルがだんだん可愛くなってくるんです

だからこそ、あの経験は忘れてはいけない。いまだに故郷に帰れない方がいる事実に向き合いながら、「信頼」とは何か?「育てる」とは何か?ということを問い続ける責任が、私たちにはあります。
畑の上で太陽を浴びるパネルは、その決意の象徴なんです。 毎日畑に出て、天候に左右されがちなパネルがなんとか電気を作り出すさまをメーターで見ていると、だんだん可愛くなってくるんだよね(笑)。 この私の最後の仕事は、こいつたちと未来を作ることなのかな、と思っています。

パルシステムのおひさまシェアリング(佐原農産物供給センター)香取政典さん

野菜くらぶ 
澤浦彰治さん

野菜も、人も、電気も
"循環"させていきたい

「エネルギーの循環」をめざして

いっしょに働く仲間とは"家族的"につながっていくのが、私の理想。 社内に託児所を設けたのもそんな思いからでした。
加工場で働くお母さんは安心して仕事に集中でき、昼時には子どもといっしょにごはんを食べる。 毎日笑い声が絶えません― 私たちは「野菜づくり」が仕事ですが、働く人とも、それを食べてくださる方とも、いっしょに「循環」していけたらもっといいものが作れると確信しています。 そんななか、今取り組んでいるのが「エネルギーの循環」なんです。

再生可能エネルギーは人を明るくする

高校の卒業論文は「風力発電」でした。 自然のエネルギーを巡らせることで、社会が豊かになるなんてすごい!って思ったんですね。
それから25年余。 東日本大震災が発生し、改めてエネルギーのあり方を考えさせられ、太陽光発電事業に挑戦することに。 その話を組合員さんたちに話してみたところ、みなさんとても賛同してくださって、「再生可能エネルギーは、周りの人も明るくする力があるんだ!」と実感しました。 今後はさらにバイオマス発電にも挑みながら、「循環ある社会づくり」に関わっていきたいと考えています。

野菜くらぶ 澤浦彰治さん
他の発電産地も見る

パルシステムの契約発電所は総数61カ所!(2020年9月時点)

太陽光発電

(株)大潟共生自然エネルギー
太陽光発電所(秋田県南秋田郡大潟村)
ひっぽ電力(株)
筆甫太陽光発電所(宮城県伊具郡丸森町)
NPO法人きらきら発電・市民共同発電所
井戸浜1号発電所(宮城県仙台市)
いわきおてんとSUN企業組合
いわき小川発電所(福島県いわき市)
飯舘電力(株)
飯樋字大橋213-2太陽光発電所(福島県相馬郡飯舘村)
(株)さくらソーラー
富岡復興ソーラー発電所(福島県双葉郡富岡町)
一般社団法人二本松有機農業研究会
二本松中里293-2発電所(福島県二本松市)
(株)森のソーラー
鉾田太陽光発電所(茨城県鉾田市)
古河太陽光発電所(茨城県古河市)
つくば太陽光発電所(茨城県つくば市)
(株)野菜くらぶ
野菜くらぶ発電所(群馬県利根郡昭和村)
NPO法人おがわ町自然エネルギーファーム
おがわ町市民協同蟹沢発電所(埼玉県比企郡小川町)
おがわ町市民協同鬼ヶ谷発電所(埼玉県比企郡小川町)
ちば風土の会/(株)エスパワー
御料ソーラーシェアリング(千葉県富里市)
神奈川中央養鶏農業協同組合
鶏舎太陽光発電所(神奈川県愛甲郡愛川町)
直売所太陽光発電所(神奈川県愛甲郡愛川町)
おらって市民エネルギー(株)
新潟市黒埼市民会館(新潟県新潟市)
新潟市舞平清掃センター(新潟県新潟市)
NPO法人みんなの発電所
みんなの発電所(山梨県上野原市)
しずおか未来エネルギー(株)
日本平動物園太陽光発電所(静岡県静岡市)
西ケ谷資源循環体験プラザ太陽光発電所(静岡県静岡市)
あいコープみやぎ
日の出町センター(宮城県仙台市)
パルシステム福島
いわきセンター(福島県いわき市)
パルシステム茨城 栃木
みとセンター(茨城県水戸市)
日立館(茨城県日立市)
パルシステム千葉
佐原農産物供給センター/パルシステムのおひさまシェアリング(千葉県香取市)
東金センター(千葉県東金市)
印西センター(千葉県印西市)
パルシステム東京
多摩センター(東京都多摩市)
(株)パルシステム発電
ぱる!さんさん発電所1号(埼玉県北葛飾郡杉戸町)
ぱる!さんさん発電所2号(東京都八王子市)
ぱる!さんさん発電所3号(神奈川県愛甲郡愛川町)
ぱる!さんさん発電所4号(埼玉県さいたま市)
パルシステム神奈川
宮前センター(神奈川県川崎市)
横浜中センター(神奈川県横浜市)
パルシステム山梨
西桂センター(山梨県南都留郡西桂町)

バイオマス発電

(株)十文字チキンカンパニー
バイオマス発電所(岩手県九戸郡軽米町)
やまがたグリーンパワー(株)
バイオマス発電所(山形県村山市)
イフコンピュータージャパン(株)
独楽矢祭(福島県東白川郡矢祭町)
NPO法人小川町風土活用センター
バイオマス発電所(埼玉県比企郡小川町)
合同会社JRE神栖バイオマス
JRE神栖バイオマス発電所(茨城県神栖市)

水力発電

野川土地改良区
野川小水力発電所(山形県長井市)
東北おひさま発電(株)
野川3号幹線小水力発電所(山形県長井市)
(株)元気アップつちゆ
土湯温泉東鴉川水力発電所(福島県福島市)
那須野ヶ原土地改良区連合
百村第一発電所(栃木県那須塩原市)
百村第二発電所(栃木県那須塩原市)
蟇沼第一発電所(栃木県那須塩原市)
三峰川電力(株)
北杜西沢発電所(山梨県北杜市)
北杜川子石発電所(山梨県北杜市)
北杜蔵原発電所(山梨県北杜市)
(株)地球クラブ
3発電所

地熱発電

(株)元気アップつちゆ
土湯温泉16号源泉バイナリー発電所(福島県福島市)

風力発電

NPO法人北海道グリーンファンド
市民風力発電所・秋田1号機(秋田県秋田市)
一般社団法人秋田未来エネルギー
秋田未来エネルギー市民風力発電所(秋田県秋田市)
一般社団法人あきた市民風力発電
市民風力発電所・秋田2号機(秋田県秋田市)
コスモエコパワー(株)
度会ウィンドファーム(三重県度会郡度会町)
みんな電力(株)
3発電所