電気も自分で「選ぶ」

同じ電気でも“中身”が違います

料金は大手電力会社(従量電灯B・C)と同じです

パルシステムの“でんき”は産直そのもの。作り手の顔が見えているからこそ、生産者と組合員は「原発のない社会を」という共通の「思いを実現する」ためのキャッチボールをしています。大手電力会社と金額は同じでも、子どもたちの未来のために、安全で安心できる「でんき」という点では“中身”の全然違うお金になります。

電気料金のしくみ

まずは、ご自宅の検針票をチェックしてみましょう。

検針票の見方

「パルシステムでんき」に切り替えた場合はどうなるの?

料金は大手電力会社(従量電灯B および従量電灯C)と同じです。

料金は大手電力会社と同じ

※「発電産地応援金」は、再エネ発電所のさらなる普及促進や、地域市民、
生産者による再エネ発電所の新設件数の拡大、地域経済の発展を目的とした仕組みです。

電力自由化とは

電力自由化は2000年からスタートしています。

2000年以降、電力小売自由化は段階的に進められてきました。まずは大規模な工場などから始まり、2005年にはスーパーやビル、そして2016年4月から一般家庭でも電力の購入先を自由に選べるようになりました。

電力自由化は2000年からスタートしています

従来の送配電ネットワークで供給します。

新規事業者の電気も、従来の送配電ネットワークを通じて家庭に供給されます。どの会社から電気を買っても家庭に届く電気の質は同じです。電線など送電にかかわる設備の管理は、これまで通り東京電力・東北電力・中部電力が行います。

停電が増えることはありません!