• ホーム
  • ソーシャルメディア運用ポリシー

ソーシャルメディア運用ポリシー

パルシステム連合会では、WEBコンテンツの運用において、コミュニケーションや広報ツールとして、twitterやfacebookをはじめとしたソーシャルメディアを活用しています。
パルシステムのソーシャルメディアアカウントでは、以下に定める姿勢・行動や基本マナーを遵守し、運営するスタッフはこれを業務として遂行します。

ソーシャルメディアにおける情報発信についての自覚と責任

  • インターネットへの情報発信は、あらゆる背景や事情を持つ不特定多数の利用者がアクセス可能であることを常に意識します。
  • 一人ひとりの情報発信が少なからぬ影響を持つことを十分に認識します。
  • 情報発信にあたっては、法令やパルシステムが定めた内部規定の遵守を厳格に自らに課します。
  • ソーシャルメディアを運用するスタッフと、ステークホルダーとがコミュニケーションを通じて絆を強くすることは、
    職員個人の価値を高めるだけでなく、パルシステムブランドの価値の向上に貢献することを常に認識します。

ソーシャルメディア参加にあたっての心構え

  • 相手の発言に対し傾聴の姿勢を忘れないこと。
  • 経験を通じ、学ぶこと。また、その経験を広くパルシステム連合会の内外に共有し多くの個人やコミュニティの成長に貢献すること。
  • 情報発信や対応に責任をもち、誤解を与えないよう注意すること。
  • 個人情報を含む発言は控えること。
  • 一度公開した情報は、完全には削除できないことを理解すること。
  • 日常の業務における責務を果たすこと。

※利用者の皆さまへのご案内とお願い

  • ソーシャルメディアを運用するスタッフからの情報発信のすべてが、必ずしもパルシステム連合会の公式見解を表しているものではありません。あらかじめご了承下さい。正式な発表につきましては、パルシステム連合会のホームページおよびニュースリリースなどで情報発信しております。
  • ソーシャルメディア上の情報は発信時のものであり、その後変更されることがございますのでご注意下さい。

※個人情報の保護については個人情報保護方針のページをご参照下さい。

このページの上へ戻る
このページの上へ戻る