もっと知りたい!Palsystem works

一つひとつの積み重ねが「成果」となった15の事例を紹介します。
すべては、組合員の強い意志があってこそ。
これらの「強み」を進化させ、未来へとつなげます。
scroll
work01
work01

紙は紙へ!紙パックの回収率75%超

牛乳パックなどの紙パックは、75%を超える高い回収率。
自前のリサイクルセンターでの加工を経て製紙工場へ!
work02
work02

組合員の目線で自主基準を厳守!食品添加物は国の基準の約4分の1しか使っていません

豊かな味覚を育むため、化学調味料不使用を徹底。
また、原料に使用する食品添加物についても、
国の基準よりも厳しい独自の基準を設けています。
work03
work03

利用で広がる有機の取り組み 有機農産物の供給生協1位

青果や米など有機農産物の供給販売量、生協で第1位!
国内の流通全体では第3位!環境保全型農業のリーダーです。
work04
work04

組合員の購買力が何よりの後押し!日本の2.6倍の面積で遺伝子組換え作物の栽培が禁止に

南オーストラリア州で遺伝子組換え作物の栽培が禁止に。
組合員の“選択”は海を越え、政府方針をも動かす——
work05
work05

間違いなく届ける!限りなくゼロへ ミス防止は必須

商品点数100万点のうち発生するミスは約30点。確率で言うと0.003%。
仕分けのミスをゼロに近づけるためセットセンターは努力を怠りません。
work06
work06

“ならでは”の味を自分たちの手で!直営工場で作る——だから主義を貫ける

ハム・ウインナーには発色剤や結着補強剤を使わない。
亜硝酸塩やリン酸塩などの添加物を加えない。
国産の冷蔵肉を原料に使用する※。どれもこれもが型破り。
これらを実現させたのは、自前の工場で作るという決断。※豚脂は冷凍も使用。
work07
work07

1999年開始以来継続!組合員が監査人の「公開確認会」開催数は累計119回

「公開確認会」は、農産物の栽培方法や安全性への取り組みを、
組合員が直接確認する場。パルシステム独自のものといえます。
work08
work08

“元気に生きる”をサポート!高齢者の食を支える「きなりセレクト」

「きなりセレクト」は、パルシステム独自の事業のひとつ。
商品カタログと注文用紙を一体化させ、無理なく手軽に注文できるしくみを
確立させることで、高齢者の日々の食を支えています。
work09
work09

ネット利用の向上をめざして!さらに便利に!アプリ開発や機能の改善を推進

アレルギーを持つ方へのお知らせ機能を充実させるなど、
個人対応の最適化を進めるとともに、「お届け時間案内」や「注文履歴表示」など
“さらなる機能の進化”を実現させています。
work10
work10

商品のお届けだけじゃない!地域の見守り協定189の自治体と締結

2016年10月より「見守り安心サービス」がスタート。
配達担当が毎週定期的にご自宅に商品をお届けするという特性を生かした
料金不要のサービスです。
work11
work11

「安全・安心」のために!検査を行うことで生産現場を支援

主に微生物、理化学、放射能の検査を担う商品検査センター。
設立から17年目を迎えたこのセンター内で実施される
年間検体数の合計は、13,904検体(2015年度実施分)。
work12
work12

熊本地震では組合員が約2.4億円をカンパ!カンパは、組合員の“思い”の結集年間約2億2千万円超

カンパ、それは気持ち。
ただ、パルシステムの場合、スピードと金額がケタ外れといえます。
work13
work13

地域づくりで孤立を防ぐ!多世代交流型を追求する「総合福祉」に挑戦

訪問介護、グループホーム、特別養護老人ホーム、
たすけあい活動(生活支援サービス)、
保育園など各生協による取り組みが増えています。
そのなかで保育園とデイサービスを併せもつ複合型の施設も誕生。
work14
work14

“たすけあい”がつくるのは真の共生!独自の保障事業を展開することで豊かな暮らしへ

一般的な保障事業の場合、経済的損失に対して、保障商品を提供するのみ。
パルシステムの場合それだけではなく、ライフプランニング活動や、健康維持、
予防を促す活動や情報提供、子育て支援や福祉を通じ地域に関与。
work15
work15

産地とも連携!再生可能なエネルギーを自分たちの手で

再生可能なエネルギーづくりに取り組む発電産地や地域を応援。
原発に頼らないエネルギーを供給します。
pdf

パルシステムの「強み」と「成果」を絵と文章で15ページにまとめました

pagetop