ニュース・新着情報一覧へ戻る
ニュース・情報
掲載日:2007年6月15日
「COOPノーザンびーふ産直協議会」の総会が開催されました

2007年5月31日、北海道中標津町トーヨーグランドホテルにて「COOPノーザンびーふ産直協議会」の第14回通常総会が開催されました。総会は会員生協からの11名を含む50名の参加があり、ふーどの牛肉生産者である内藤順介さんの議事進行により、事業報告、収支決算、会員の加入、役員改選など8つの議案の全てが承認されました。 今回の総会では、宮北輝さん(宮北牧場:北海道北広島市)が新たに「ふーどの牛肉」の産直生産者として加盟することが承認されました。宮北牧場はこれまでも内藤牧場の子牛を生産する農場として、間接的にパルシステムと関わってきましたが、今後においては産直産地として、より密接な関係を築くことになりました。
また、翌日は根釧牛の産地である「ホクチクファーム」(武佐分場)の視察会がおこなわれ、根釧牛の生産方法などについての説明を受けました。

「COOPノーザンびーふ産直協議会」は、パルシステムの産直牛肉である「ふーどの牛肉」・「根釧牛」・「士幌産牛」の生産者・関係団体およびパルシステム生活協同組合連合会・パル・ミートにより組織された団体です。

総会(池田会長の挨拶) ホクチクファーム視察会
宮北輝さん 宮北牧場の放牧地