事業案内 生産方針(コア・フードについて)「コア・フード」は環境保全や資源循環に配慮した、パルシステムのトップブランドです。
コア・フードについての基本的な考え方
「コア・フード」は、環境保全や資源循環、持続型の生産などに配慮した取り組みを行っている農畜水産物および加工品を対象に、ひとつの理想形を求めたパルシステムのブランドです。右記のような厳しい基準を設けたり、多様な取り組みを評価し、選定しています。
全商品で右記のような取り組みや基準を実現することは困難ですが、先進的な取り組みを行う生産者の努力を適切に評価し、本来めざすべき農畜水産業のあり方を提示していきたいと考えています。
■農産物:有機認証およびそれに準ずる栽培内容のもの
・畜糞の堆肥化による有効活用
・総エネルギーの低減など
■畜産物(卵を含む):下記の厳しい基準をクリアしています
・自由な行動ができる適正な飼養密度
・遺伝子組換え飼料の排除
・成長ホルモン剤の禁止
・全飼育期間飼料への抗生物質不使用など
■水産物:資源管理型漁業
畜産のコア・フード商品
ノーザンびーふ産直協議会コア・フード部会「コア・フード牛肉」
北海道の産直産地で、放牧適性があり、粗飼料で育つアンガス系統種を生産しています。「コア・フード牛肉」は完全予約登録制で、半年のサイクルで各回さまざまな部位をお届けし、牛の主要部位全体を食べることができるシステムです。

産地について

北浦しゃも農場「コア・フード地鶏しゃも」
特定JASの認定を受けた地鶏であり、国産在来種系統を受け継いだ鶏種。土の上での飼育、副原料を含め非遺伝子組換え飼料の給与、飼育日数、坪羽数などの厳しい基準を設けています。

産地について