事業案内生産者の思いを組合員へ伝えるパル・ミートの事業
パル・ミートは生産者と提携して、パルシステム生活協同組合連合会の生協組合員へ「安全・安心」で「おいしい」肉を届ける目的で設立されました。
当社の工場は、飼養管理された国内産直産地の原料肉を主体に、全国トップレベルの設備とHACCPに準じた厳格な衛生管理基準のもとで製品を製造しています。さらに環境システムを導入することで、環境負荷にも配慮した製造・加工体制を実現しました。
事業案内
パルシステム生活協同組合連合会とパル・ミート

パルシステムは、首都圏を中心に13の生協からなるグループです。「食の安全」への意識が高まる現代、パルシステムは、生産者に一方的に安全な生産方法を求めるのではなく、生産者ができることからひとつずつ取り組み、食べる側の組合員にも理解・協力を得る、という形で産地と組合員の信頼関係を築いてきました。
食の安全を、生産者と組合員が共に創りあげてきた実績こそ、パルシステムの大きな特徴です。そのなかで「安全でおいしい肉を安心して食べたい」という組合員の思いから1979年、生協の畜産部門が独立し、精肉・食肉加工品の会社としてパル・ミートが設立されました。

パルシステムのホームページ

生産方針 事業所案内

食肉の生産から製造加工、消費までのフードシステムをトータルに管理し、安全でおいしいお肉の供給を実現する生産システム。
生産方針

習志野事業所では牛豚精肉を主体に、山形事業所ではハム・ソーセージを製造しています。その施設の一部をご紹介します。
習志野事業所 山形事業所