産地紹介 山形コープ豚産直協議会
豚舎の様子

 米や野菜、メロン、すいか、さくらんぼなども育てている農家が多く、もともと豚の糞尿から作る堆肥を田畑や果樹園に入れる低農薬有機栽培に取り組む目的で養豚を始め、有畜複合農業に取り組んでいます。
 各生産者は、繁殖から肥育まで一貫して育てています。じっくり肥育するため、きめが細かく、肉質の締まった豚肉に。豚肉のおいしさを決める脂については、飼料に大麦を混ぜることで固くてしまりのある脂質になります。また肥育期間中、抗生物質を使わない分、ストレスをかけない育て方で、健康管理を徹底しています。

≪ 一覧に戻る
このサイトに掲載されているすべてのコンテンツは(株)首都圏コープの承諾なしに無断転載することはできません。