左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2013年10月17日 パルシステム生活協同組合連合会

小学生の子どもを持つ30歳~49歳の母親1,000名に携帯電話によるインターネット調査を実施
「学校給食に関する調査2013」を集計しました
パルシステム生活協同組合連合会は、2013年9月20日~9月26日の7日間、「学校給食に関する調査2013」をモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)で実施しました。小学生(※)の子どもを持つ30歳~49歳の母親1,000名の有効サンプルを集計しました。※給食を実施している小学校に通う小学生


■調査概要

調査タイトル 学校給食に関する調査2013
調査対象 ネットエイジアリサーチのモバイルモニター会員を母集団とする、小学生の子どもを持つ30歳~49歳の母親
調査期間 2013年9月20日~9月26日の7日間
調査方法 インターネット調査(モバイルリサーチ)
調査地域 全国
有効回答数 1,000サンプル(有効回答母数から1,000サンプルを抽出)
実施機関 ネットエイジア株式会社(調査協力会社)

■調査結果

  • 小学生が喜ぶ給食メニュー 1位「カレーライス」、2位「鶏のから揚げ」、3位「ハンバーグ」
  • お母さんがもう一度食べたいメニュー 1位「揚げパン」、近畿、中国・四国地方では「くじら料理」がトップ
  • いまどきの小学校は食べ残しに対して“少しずつでも食べられるように”
  • お母さんの子どもの頃は“残さず食べるように”
  • 給食を通じて身につけて欲しいこと 1位「食べ物の大切さ」
  • 約3割のお母さんが給食から学んで欲しいと願う「社会での協調性」と「助け合いの精神」
  • 9割以上のお母さんが期待する取り組み 「地産地消給食」、「ふれあい給食」、「炊き出し給食」
  • “給食に使う食材は国産品を使うべき”8割
  • “給食における放射能対策に満足”約半数
  • “給食費の滞納を許すべきではない”9割強
  • “給食の試食会を開くべき”4人に3人

より詳しい内容は、以下PDF詳細資料をご覧ください。


学校給食に関する調査2013

PDF版ダウンロード 詳細資料ダウンロード(445KB)

アドビシステムズ社『Adobe Readerダウンロードページ』へ(新しいウィンドウが開きます)

PDFファイルをご覧いただくためにはAcrobat Readerが必要です。お持ちでない方は、ダウンロードしてからご覧ください。



報道関係の皆様へ

本プレスリリースの内容の転載にあたりましては、「パルシステム生活協同組合連合会調べ」と付記の上ご使用いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
お問い合わせ
パルシステム連合会
事業広報部 商品企画課

TEL:03-6233-7204


1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る