左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2010年9月10日 パルシステム生活協同組合連合会

主婦1,000名に携帯電話によるインターネットリサーチを実施
「産直産地に関する主婦の意識調査」を集計しました
パルシステム生活協同組合連合会は、2010年5月25日~5月27日の3日間、「産直産地に関する主婦の意識調査」をモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)で実施しました。主婦1,000名(調査対象者:週に1日以上料理をする20歳~49歳の主婦)の有効サンプルを集計しました。


■調査概要

調査タイトル 産地直送に関する主婦の意識調査
調査対象 ネットエイジアリサーチのモバイルモニター会員を母集団とする20歳~49歳の主婦
調査期間 2010年5月25日~2010年5月27日
調査方法 インターネット調査(モバイルリサーチ)
調査地域 全国
有効回答数 1,000サンプル(有効回答母数から1,000サンプルを抽出)
実施機関

ネットエイジア株式会社(調査協力会社)


■調査結果

  • 主婦が考える産直 「生産者・産地が明らかであること」69.3%
  • 今後の産直に求めるもの「新鮮さ」「安心・安全」が9割超
  • パソコンから産地直送品購入 19.3%
  • ネットでの平均購入金額 3,675円
  • 産地から取り寄せたい果物 1位「サクランボ」
  • なくなったら困るもの 1位「米」
  • 国産の野菜や果物に対して誇りを持っている主婦は95.4%
  • 「地産地消」の認知率は49.6%
  • 出身地と結びつきの有名人 1位「宮崎県の東国原知事」
  • 口蹄疫 被災農家への支援「十分だと思う」7.8%

より詳しい内容は、以下PDF詳細資料をご覧ください。


産直産地に関する主婦の意識調査

PDF版ダウンロード 詳細資料ダウンロード(322KB)

アドビシステムズ社『Adobe Readerダウンロードページ』へ(新しいウィンドウが開きます)

PDFファイルをご覧いただくためにはAcrobat Readerが必要です。お持ちでない方は、ダウンロードしてからご覧ください。



報道関係の皆様へ

本プレスリリースの内容の転載にあたりましては、「パルシステム生活協同組合連合会調べ」と付記の上ご使用いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
お問い合わせ
パルシステム連合会 広報部
TEL:03-6233-7241


1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る