左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2010年11月10日 パルシステム生活協同組合連合会

パルシステムオリジナル「豚まん」発売
ジューシーな産直豚肉をシンプルに味わえます
パルシステム連合会は11月15日(月)から、パルシステムオリジナル商品「豚まん」の供給を開始します。具は産直豚肉と玉ねぎとシンプルにし、薄味に仕上げたことでジューシーな豚肉を味わえます。

■素材はシンプルそれでいてジューシー

 パルシステム生活協同組合連合会(11会員・会員総事業高1,947億円/会員生協の組合員総数126.9万人)が11月15日(月)から供給を開始する「豚まん」は、原料に産直豚肉を使用しました。肉のおいしさと玉ねぎをバランスよく配合し、ジューシーに仕上げています。

 具は産直豚肉と玉ねぎ、使用する調味料も砂糖、しょうゆ、塩、こしょうとシンプルな構成としています。一般的なものに比べて豚肉の配合比を高めました。皮には国産小麦粉を使用しふっくら仕上げています。


■産直産地とメーカーを結ぶ「産直原料」プロジェクト

 パルシステムではこれまで、日本の食料自給率向上をめざし、生産分野・消費分野においてさまざまな取り組みを進めてきました。これらの取り組みをさらに具体化し、拡大させていくため、「食料自給産地モデル」として、社会に提示する方針を打ち出しています。

 北海道、東北、九州など日本の穀倉地帯を対象とし、米、野菜、畜産、酪農、漁業などを総合的に含む地域を拠点化し、食料自給率向上に向けた加工品及び加工原料生産のモデル的提携事業を推進していきます。

 その一環として、自給率向上へ向けた拠点産地として農業・畜産業・林業・水産業などの各分野が協同して国内の農地や資源を活用する構造に転換し、食料輸入を低減させて日本全体の食料自給率向上を図ります。

 すでに、パルスシステムでは、「産直原料」プロジェクトとして産直産品を原料とした加工食品の開発を進めています。パルシステムの産直生産者と生協で構成する「パルシステム生産者・消費者協議会」でも「加工原料開発プロジェクト」を立ち上げ、新規開発および既存商品の原料切り替えに対応した原料提供へ向け、作付け、生産体制を構築する議論を進めています。


●商品概要

豚まん

商品名 豚まん
規格 4個(400g)
お届け温度 冷凍
賞味期間 1年
価格 399円(本体380円)
発売開始 2010年11月3回企画(注文受付11月8日(月)~12日(金))より
商品取り扱い パルシステムグループ10生協(1都8県)
※生協は加入してご利用いただけます。

【関連リンク】

産直いきいきコミュニティ「産直原料」プロジェクト



お問い合わせ
パルシステム連合会 広報部
TEL:03-5976-6133


1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る