左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2010年7月12日 パルシステム生活協同組合連合会

期間・数量限定「旬・漁師がつくった釜あげしらす」発売
漁獲から最短20分 豊かな風味はいまだけ!
パルシステム連合会は7月19日(月)から、パルシステムオリジナル商品「旬・漁師がつくった釜あげしらす」を発売します。水産の産直産地、愛媛県森水産で水揚げしたしらすをそのまま釜あげ、袋詰めして凍結しました。つくりたてにかぎりなく近い風味と味が楽しめます。期間・数量限定商品です。

■味と鮮度にこだわった1回凍結

 パルシステム生活協同組合連合会(11会員・会員総事業高1,947億円/会員生協の組合員総数126.9万人)が7月19日(月)から注文受付を開始する「旬・漁師がつくった釜あげしらす」は、おなじみの「漁師がつくった釜あげしらす」の森水産、カネモ(ともに愛媛県松山市)が水揚げ、加工した商品です。高鮮度で加工できる旬の時期だけ、釜あげ加工直後に袋詰めし、産地1回凍結で仕上げた限定生産品です。


しらす漁のようす

 通常のしらす商品は、生か釜あげされた状態で市場へ出され、せり落とされてから加工されます。それに対し「漁師がつくった釜あげしらす」は、漁の段階から加工場と携帯電話でやり取りしながら釜の空くタイミングをはかり、自社船が加工場まで運び入れています。そのため漁獲後最短20分で釜あげ加工することができるのです。

 さらに「旬・漁師がつくった釜あげしらす」では、釜あげ後すぐに袋詰めしています。安定的に商品を供給するためには、加工後いったん冷凍し、その後解凍して個包装に詰め替えるという順序が必要でした。期間を旬の夏場だけ、製造数量も限定することで、産地1回凍結の商品を実現しました。しらす本来の豊かな風味がいっそう楽しめます。


■資源保全や組合員交流も積極的な産地です

 パルシステムは2009年1月、「水産方針」「水産物管理基準」を制定しました。水産方針は(1)海の環境を保全し、水産資源を持続的に利用する取り組みを行います(2)日本の水産業再生に取り組みます(3)水産物の安全を追求します(4)日本の魚食文化を大切にします――の4つを柱としています。水産物の産直を通じ、海の環境保全や水産物の持続的な利用を実現する事業や運動に取り組んでいます。

 「旬・漁師がつくった釜あげしらす」の産地である(株)森水産、(有)カネモとパルシステム連合会は2009年7月、水産方針制定後初となる水産品における産直提携を締結しました。漁を行う森水産では、網の目が縮まらないナイロン製の網を使用することで小さなしらすを逃がしたり、漁場に浮遊している空き缶などのゴミを自発的に回収するなど、資源を守る活動を続けています。

 また、7月10日(土)、11日(日)には初めての産地交流企画「産地へ行こう。瀬戸内・恵みのしらすツアー」を開催しました。


●商品概要

旬・漁師がつくった釜あげしらす

商品名 旬・漁師がつくった釜あげしらす
規格 25g×3袋
お届け温度 冷凍
賞味期間 180日間
価格 298円(本体284円)
発売開始 2010年7月4回企画(注文受付7月19日~23日)より
商品取り扱い パルシステムグループ10生協(1都8県)
※生協は加入してご利用いただけます。

【関連リンク】

「漁師がつくった釜揚げしらす」産地森水産、カネモと産直提携を結びました(2009年7月9日掲載)

パルシステムの商品「漁師がつくった釜あげしらす」





1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る