左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2010年1月21日 パルシステム生活協同組合連合会

パルシステム千葉が「パルシステムセカンドリーグ千葉」設立
2/17(水)船橋市で設立シンポジウムを開催します
パルシステム連合会の会員生協パルシステム千葉は、地域で抱えるさまざまなくらし課題を解決するためのネットワーク組織「パルシステムセカンドリーグ千葉」を設立します。2月17日(水)には、千葉県船橋市の「きららホール」にて設立シンポジウムを開催します。

■くらし課題を地域社会での解決をめざすセカンドリーグ

 パルシステム生活協同組合連合会(10会員・会員総事業高1,964億円/会員生協の組合員総数119.9万人)では、自律・自立・協働のネットワークが広がる地域社会を創り、人と人とをつなぎ、地域のくらし課題解決をめざしてセカンドステージ事業を展開しています。“セカンド”という名前には、次の3つの意味が込められています。
(1)事業=くらしの課題を解決していく「新たな」事業
(2)ライフステージ=定年後、育児後、退職後、そして余暇時間等に生まれる「新たな」活動の場
(3)心=社会貢献・地域貢献に対する「新たな」価値観の創造

 「セカンドリーグ」は、セカンドステージ事業を実現・支援するための手段となる、地域の活動・事業にかかわる人たち(個人、法人)のネットワーク組織です。


■生協のインフラを提供し地域ネットワークをつくります

 パルシステム千葉が設立する「パルシステムセカンドリーグ千葉」は、それぞれの地域で取り組まれている地域活動やコミュニティビジネスをつなげ、育て、つくることを活動目的にしており、パルシステム千葉のもつ施設や広報媒体、物流などの提供を通じて活動を支援するほか、サロンや学習会の定期開催によるネットワークづくりに取り組みます。

 2月17日(水)には、設立に際してシンポジウム「地域力!コミュニティビジネス最前線」を開催します。コミュニティビジネスを支援しているNPO法人コミュニティビジネスサポートセンターの永沢映氏の基調講演のほか、パルシステムセカンドリーグのモデル公募事業の対象となった団体からの事例報告などを予定しています。


●シンポジウム「地域力!コミュニティビジネス最前線」

日時 2010年2月17日(水)18:30~20:30
会場 船橋フェイスビル6階「きららホール」
(千葉県船橋市本町1-3-1 JR・東武線船橋駅、京成船橋駅南口徒歩1分)
プログラム
  • 基調講演 「地域力!コミュニティビジネス最前線」
  • 講演:永沢映氏(特定非営利活動法人コミュニティビジネスサポートセンター代表理事)
  • 地域事業事例報告
  • セカンドリーグ千葉ご案内


1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る