左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2009年9月24日 パルシステム生活協同組合連合会

昔ながらのふっくらした食感と広がるうまみ
パルシステムオリジナル「九州産天日干しあじひらき」を発売
パルシステム連合会は9月28日(月)から、パルシステムオリジナル商品「九州産天日干しあじひらき」を発売します。海域、漁期を限定して漁獲されたアジを塩のみで味付けし、管理された天日ハウスで干し上げました。昔ながらのしこしこした食感とうまみが味わえます。

■味付けは海水塩のみ、潮風と太陽光で干し上げ

九州産天日干しあじひらき(2枚入)

 パルシステム連合会(10会員・会員総事業高1,964億円/会員生協の組合員総数119.9万人)が9月28日(月)から発売する「九州産天日干しあじひらき」は、同じくパルシステムオリジナル商品「九州産塩さばフィレ」でもおなじみのシーボーン昭徳(佐賀県唐津市)が製造しました。同社の自社船「昭徳丸」が漁獲した真アジを原料としています。漁から加工まで一貫して製造された商品です。

 加工は、塩のみで味付けし、唐津湾の潮風と太陽光で丁寧に干し上げました。パリッとした焼き上がりと適度な弾力、かむたびに口に広がるうまみは天日干しならではです。


■漁獲海域、水揚げ期間も限定したアジを使用

 原料のアジは、わずか数船団しか操業できない限られた海域で漁獲されました。この海域は、豊富なえさと最適な育成環境がそろっており、脂質はもちろん大きさ、身の厚みもほかの漁場の魚とは一線を画す品質です。

 水揚げ日も、5月14日、16日の2日間限定としました。今期の真アジ漁は不漁でその漁場での漁獲は数回で終わっていますが、この2日間に水揚げされたアジのほとんどを「九州産天日干しあじひらき」へ原料確保していただきました。


■夕食の主菜としても適量の大きさです

 こうして限られた原料を選別し、2枚200gと3枚260gの2種類を用意しました。夕食の主菜としても適量です。商品を召し上がる際は、袋のまま冷蔵庫内もしくは流水で解凍してから調理してください。焼く場合は、身側に焦げ目がついたら裏返し、皮側をやや強火でさっと焼き上げると皮ごとおいしく召し上がれます。


●商品概要

商品名 九州産天日干しあじひらき
規格 2枚入り=200g
3枚入り=260g
お届け温度 冷凍
賞味期間 90日
価格 2枚入り=298円(本体284円)
3枚入り=399円(本体384円)
発売開始 2009年10月1回企画(注文受付9月28日~10月2日)より
商品取り扱い パルシステムグループ10生協(1都8県)
※生協は加入してご利用いただけます。



1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る