左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2009年8月10日 パルシステム生活協同組合連合会

「バングラデシュ有機農業センター開設・運営プロジェクト」報告会
8/18(火)現地スタッフを招いて意見交換します
パルシステムは8月18日(火)、パルシステム連合会茗荷谷本部にて「バングラデシュ有機農業センター開設・運営プロジェクト」報告会を開催します。協力して取り組んでいるNPOハンガー・フリー・ワールド(HFW)から現地事務局長を招き、報告と意見交換を行います。

■2008年からポイント振替カンパを呼びかけています

 パルシステム生活協同組合連合会(10会員・会員総事業高1,964億円/会員生協の組合員総数119.9万人)は2008年度から、特別非営利活動法人(NPO)ハンガー・フリー・ワールド(HFW)と協力し、パルシステムオリジナルのプロジェクト「バングラデシュ有機農業センター開設・運営プロジェクト」に取り組んでいます。組合員がパルシステムでの利用金額に応じて貯まったポイントをプロジェクトへのカンパに振り替え、パルシステムで利用金額に応じて、農薬など資材購入が負担となっているバングラデシュの有機農業センターづくりを支援するものです。

 集められたカンパは、バングラデシュ西部1万6千名を対象とした有機農業センターの用地取得や建設、有機農業の勉強会開催などに活用されます。ポイント振替カンパは2008年実績で228万円となりました。パルシステムでは、計2年間で650万円を目標に呼びかけを続けています。

 当日は、HFWバングラデシュ事務局長が来日し、現地スタッフからのバングラデシュの現状とプロジェクト進ちょく状況を含めた報告をいただき、意見交換を通して交流を進めます。


●「バングラデシュ有機農業センター開設・運営プロジェクト」報告会

日時 2009年8月18日(火)午後2時~午後4時
会場 パルシステム連合会茗荷谷3階会議室
東京都文京区小日向4-5-16(東京メトロ丸の内線茗荷谷駅徒歩5分)
内容 14:00~ 開会あいさつ
14:05~ 報告
「バングラデシュ有機農業センター開設・運営プロジェクト」について
ハンガー・フリー・ワールド バングラデシュ事務局長
アタウル・ラーマン・ミトンさん
15:30~ 質疑応答
16:00  閉会

■ハンガー・フリー・ワールドについて

 ハンガー・フリー・ワールドは、飢餓のない世界を創ることを目的に、飢餓に直面する人々の自立支援、青少年育成、啓発活動、政策提言の4つの活動を行っています。日本に本部を置き、バングラデシュ、ベナン、ブルキナファソ、ウガンダの5カ国で活動しています。

 パルシステムグループでは書き損じハガキを組合員から回収しプレゼントする取り組みなどを行っている生協があります。書き損じハガキでは2007年度、会員生協で計600万円もの寄付がありました。


【関連リンク】

バングラデシュ「有機農業センター開設・運営プロジェクト」活動支援カンパにご協力をお願いいたします(これまでの活動報告もご覧いただけます)

特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド(HFW)



1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る