左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2009年5月11日 パルシステム生活協同組合連合会

パルシステムの産直産地は若手生産者も元気です
「近郊産地の若手後継者野菜ボックス」を発売します
パルシステムでは5月18日(月)から22日(金)の注文で、近郊産地の若手生産者が育てた「近郊産地の若手後継者野菜ボックス」を発売します。パルシステムと交流関係が長い産直産地では、2代目、3代目の生産者が育っています。彼ら若手生産者の応援を目的にした野菜セットです。

■食の安全確保だけじゃないパルシステムの産直

若手生産者のみなさん

 パルシステム生活協同組合連合会(10会員・会員総事業高1,869億円/会員生協の組合員総数113.4万人)は発足当時から、産直事業を通じて食の安全性確保に取り組んできました。「生産者と消費者の交流を通じて、共に創る運動」として、産直を展開しています。単に商品として安全性を確保するだけでなく、日本の食料自給による安全保障、農業地域の高齢化・後継者不足、農薬使用による環境負荷など、農業を取り巻く諸問題に対する取り組みと位置づけてきました。産地から農産品を直接運ぶ「産地直送」異なり、組合員は産直品を購入することで産地を支え、農業を守る運動へ日常的に参加することになります。

 パルシステムは2009年度、食料自給率の向上を呼びかける「100万人の食づくり」運動を展開。日本の農業や漁業を「基幹産業」と位置づけ、持続可能な社会を次世代へ渡すため、食料自給率の向上に挑戦します。日本人の主食である米を軸とした「予約登録米」「バケツ稲」「ごはんおかわり!シール」などを実施し、「食」と「農」をつなげることで持続可能なライフスタイルの実現をめざします。


■30年を超える交流で増えてきた「2代目」「3代目」

産直2代目、3代目の手による野菜をお試しあれ

 30年以上におよぶ産直運動を通じ、パルシステムの商品案内などには生産者の「2代目」「3代目」が登場する機会も増えてきました。なかでも近郊産地は跡継ぎが地域のなかでも多く、若手生産者のネットワークづくりも始まっています。パルシステムも各種交流会や学習会の開催を通じ、若手生産者の取り組みを応援してきました。

 「近郊産地の若手後継者交流ボックス」は、茨城産直センター(茨城県)、JAつくば市谷田部産直部会(同)、村悟空(千葉県)、佐原農産物供給センター(同)、サンドファーム旭(同)の5産地から6種類の野菜と、若手生産者の顔写真入り産地カードをセットしてお届けします。


●商品概要

商品名 近郊産地の若手後継者野菜ボックス
内容 6品入り
・エコ・トマト(500g=茨城産直センター)
・エコ・小松菜(1束=JAつくば市谷田部産直部会)
・ブルーム付ききゅうり(3本=村悟空)
・エコ・キャベツ(1個=茨城産直センター)
・エコ・新人参(500g=佐原農産物供給センター)
・ミニトマト(150g=サンドファーム旭)
価格 1080円(本体1029円)
販売時期 2009年5月4回企画(注文受付5月18日~22日)
商品取り扱い パルシステムグループ10生協(1都8県)
※生協への加入によりご利用いただけます。

※「エコ」は、化学肥料や化学合成農薬の使用を半分以下に削減したパルシステムの独自基準「エコチャレンジ」の略


<参考>

パルシステムの産直への取り組み

産地の詳しい情報は以下よりをご覧ください。

ファーマーズネット



1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る