左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2009年5月1日 パルシステム生活協同組合連合会

持続可能性、生物多様性にこだわる「theふーど」がリニューアル
パルシステムのトップブランド「コア・フード」が誕生しました
パルシステムは5月4日(月)から、トップブランド「theふーど」を「コア・フード」へとリニューアルします。名称やロゴを変えるだけでなく、有機農産物をはじめ資源循環や生物多様性にこだわった農水畜産物を強化します。またリニューアルでは、アンケート調査などを通じて組合員も参加しました。

■パルシステム商品のあるべき理想を体現する「コア・フード」

コア・フードロゴ

 「コア・フード」(旧「theふーど」)の商品は、環境保全や資源循環などに配慮した生産に取り組む農畜水産物および加工品を対象としています。パルシステム商品のあるべき理想を体現するものと位置づけ、有機農業推進法制定(2006年)より前の1998年に策定しました。農畜産物本来のあり方を追求し、現代社会の流通のあり方を見直すことを目的としています。

 有機JAS認証もしくはそれに準じた農作物だけでなく、自給飼料で飼育した牛肉、環境や生態系に配慮した持続可能な資源管理型漁業に取り組む水産品などがあります(※1)。本来の動物の生理を制限して効率的な生産が求められるなか、しっかりと農畜産物の商品のあるべき姿を提示するのが「コア・フード」でもあります。


■2008年度は供給高20億円を突破 年々利用が増加えています

「コア・フード」供給高の推移

 安全や環境に配慮して生産されている「コア・フード」商品は、これまでも組合員から高い評価を受けてきました。この4年間は年々供給高が伸び続け、2008年度では20億円を突破しています。しかし一方で「分かりにくい」「目立たない」といった指摘もいただいていました。より多くの組合員が納得し、共感がもてるブランドをめざし、パルシステムではリニューアルに着手しました。

 リニューアルに際しパルシステムでは、商品カタログやホームページなどを通じて、組合員を対象にアンケート調査を実施しました。アンケート回答総数は1,600件に達し「信頼と安全性」「本物のおいしさ」「季節を教えてくれる『旬の味』」などのキーワードが出てきました。これらを基に、方向性を決め「コア・フード」の名称とロゴマークを決定しました。


●「コア・フード」に込めた思い

 コア」=芯(原義は心)。パルシステムのトップブランドがめざす「高い基準」はもちろん、食の「本質的な姿」その思いを込めました。
 「フード」=生きるうえでの根源的な営み「食べる」。その象徴として「食べもの」=「フード」を名称に入れました。

●ロゴマーク

 幸せの象徴とも言われているてんとう虫を「生きものの象徴」とし、あらゆる生きものとともにある食の理想を表しました。ハート型に見える葉っぱには「心」をイメージしました。人と人、命のつながりとそのぬくもりを表現しています。


【資料】

コア・フードについて詳しくは以下をご覧ください。

コア・フード


■「コア・フード」の商品例

「コア・フード有機野菜セット」(通常価格:6品1291円)

旬の有機栽培野菜を6品セットしてお届けします。「コア・フード」の野菜は単品でも注文できますが、セットにすることで畑の野菜をバランスよく出荷することが可能になります。生産者の安定的な栽培のためにも予約をおすすめしています。

米(参考価格:5kg3,180~3,680円、3kg1,960~2,218円、玄米5kg2,980~3,480円)

化学肥料や化学合成農薬不使用。生きものを完全に「退治」するのではなく、多少の収量減をみとめながら「共生」するという考え方で育てています。あらかじめ登録することでその年の収穫後から定期的にお米を届ける「予約登録米制度」で、生産者は難しい米の栽培に打ち込むことができます。

「コア・フード有機野菜セット」

「コア・フード平飼いたまご」(通常価格:6個290円※要予約登録)

太陽光が差し込み自然の風が吹き抜ける開放鶏舎で、ストレスを感じにくく適度な運動を与える平飼いで親鶏を育てています。飼料は、大半を占めるトウモロコシをはじめすべて非遺伝子組み換えです。

「コア・フード地鶏しゃも」(通常価格:親子丼用150g438円)

日本在来種である軍鶏(しゃも)の血統を50%引き継いだ「特定JAS地鶏」認定です。飼料は非遺伝子組み換え、また全飼育期間を通じて抗生物質などの薬剤は使用しません。一般のブロイラーの倍近い時間をかけて育てています。

「コア・フード牛肉セット」(要予約登録)

北海道の広い牧草地で育てた輸入穀物飼料に頼らない牛肉は、赤身主体で味わい深い肉質が特徴です。各部位のセットを予約登録し、一頭まるごと買い支える仕組みです。

「コア・フード野付のほたて」

環境保全型農業を進める北海道野付漁協は、野付の海を守るための植樹活動をパルシステム組合員とともに進めています。そんな海で4年間かけて育まれたほたてです。

「コア・フード天然醸造しょうゆ」

JAS法に定められた「有機農産物」の生産基準に沿って栽培されている農産物、もしくはそれに準ずる基準をもとに栽培された大豆と小麦が原料です。それらを原料に、昔から伝わる木桶でじっくり熟成させました。




1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る