左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2009年2月3日 パルシステム生活協同組合連合会

生協組合員の声を商品に生かす
「2008年度パルシステム商品サポーターグループ活動報告会」を開催します
パルシステム連合会は、2月14日(土)、東京・港区の東京プリンスホテル ガーデンアイランドにおいて「2008年度パルシステム商品サポーターグループ活動報告会」を開催します。当日は、パルシステムの各会員生協で商品開発や改善に取り組むサポーターグループの1年間の活動成果のまとめ報告を行います。


 パルシステム生活協同組合連合会(10会員・会員総事業高1,869億円/会員生協の組合員総数113.4万人)は、2月14日(土)、東京プリンスホテル ガーデンアイランド(東京・港区)において「2008年度パルシステム商品サポーターグループ活動報告会」を開催します。


■10周年を迎えた商品サポーターグループの活動

昨年の活動報告会の模様

 パルシステムでは、1998年度「年度の商品開発テーマに基づき、できるだけ多くの組合員が、商品の開発・改善過程に参加できる場づくりを進め、商品の開発・改善に生かし、利用普及に貢献すること」を目的に、組合員で構成する「パルシステム商品サポーターグループ」を設置しました。

 以来10年、各会員生協のサポーターグループは生協商品について商品分野ごとにテーマを決めて活動しています。活動テーマは多岐にわたり、さまざまな形で商品へ反映されています。「白パン(カスタード)」(※1)や「さばの味噌煮」(※2)、「肉しゅうまい(国産豚使用)」(※3)など、サポーターグループの組合員が関わって開発・改善された商品は、多くの組合員のみなさまに好評をいただいています。


■パルシステムとサポーターグループ組合員の交流の場として開催

 2008年度は、パルシステムグループの会員生協のうち8つの生協で12のグループが登録され、約100人の組合員が、それぞれのテーマで活動してまいりました。

 2月14日の報告会には、活動に参加した組合員を中心に、商品のメーカー、生協役・職員などおよそ250人が参加する予定です。各グループがこの1年間の活動とそこから導き出した提案事項を報告するほか、展示ブースも設置し、実際に見て、触って、各グループからの提案を参加者全員で共有する予定です。


■2008年度パルシステム商品サポーターグループ活動報告会

お揃いのエプロンで発表するサポーターグループ

日時:2月14日(土)10:30~13:30

場所:東京プリンスホテル ガーデンアイランド
東京都港区芝公園3-3-1 電話:03-3432-1111

交通:JR線・東京モノレール「浜松町」駅 徒歩10分
都営地下鉄三田線「御成門」駅 徒歩1分 ほか

【スケジュール】
10:30 開演
10:35 各サポーターグループ活動報告
12:00 ブースでの展示
13:30 閉会



■2008年度サポーターグループの活動

2008年度は12グループ約100人の組合員が活動しました。

生協名 グループ名 グループテーマ
ユーアイコープ べじたべ~る 野菜と果物の利用普及
パルシステム茨城 ハピハピパン屋さん 柔らかい米粉パンの開発
パルシステム千葉 Teamべびぱる 幼児向け冷凍小うどんの開発
パラチャン 直火炒めチャーハンの利用普及
ドゥコープ Boo!フー!Winナー! ソーセージの開発
パルシステム東京 シーフー丼ぶり~ず 水産品を使用した「丼物」の開発

スナッKIDS

スナック菓子の開発

MILK戦隊“オーレ”ンジャー ミルクティーの開発
コープやまなし バナナ創造堂 産直バナナを使ったパウンドケーキの開発
パルシステム神奈川ゆめコープ みんなでもぐもグー! YUMYUM向け和惣菜の開発
野菜 deイケメンチ 野菜メンチかつの開発
パルシステム福島 つゆでto you 便利つゆの利用普及


【資料】

(※1)

生協組合員協力で開発「白パン(カスタード)」新発売(2007年2月5日プレスリリース)

(※2)

生協組合員の声を生かして開発PB商品「さばの味噌煮」新発売(2008年3月17日ニュース)

(※3)

生協組合員の協力で開発 産直豚肉を使った「肉しゅうまい(国産豚使用)」新発売!(2008年4月28日ニュース)



1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る