左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2008年9月24日 パルシステム生活協同組合連合会

パルシステムの配送車2225台が「100万人の食づくり」運動のフロントマスクで走ります
パルシステム連合会は、今年度、いのちの源としての食を見つめなおす「100万人の食づくり」運動を展開しています。10月1日から11月28日までの約2ヶ月間、パルシステムの10の会員生協、60のセンターの配送車、合計2225台が「100万人の食づくり」運動のフロントマスクで走ります。

■「100万人の食づくり」運動と「おにぎり」キャンペーン

 パルシステムでは、2008年度、「いのち」の源としての「食」を見つめなおす「パルシステム 100万人の食づくり」運動を展開しています。

 1年を通じて、産地交流企画や「お米」に関する学習会やキャンペーンなど多彩なイベントを行っています。

 現在、インターネットでは、「100万人のおにぎり大調査!」「おにぎりつくったよ!」ショット&コメント大募集などの楽しいおにぎりコンテンツをオープンし、いのちのチカラあふれる食を、おにぎりづくりから提案する、おにぎりキャンペーンを展開中です。


■配送車2225台にフロントマスク

 10月1日から、11月28日までの約2カ月間、パルシステムの1都8県10生協の60のセンターから組合員のみなさんのご自宅に商品をお届する配送車2225台は、「100万人の食づくり」運動のフロントマスクを付けて走ります。

 「いのちのチカラあふれる食を、この手でつくろう!」の呼びかけのもと、“ごはんが真ん中”の日本型食生活を推進し、食の大切さを考える「食育」の取り組みを、組合員をはじめ、生産者やグループ全体、さらに社会に大きなうねりとして広げてゆきます。



【資料】

(※1)「100万人の食づくり運動」主な取り組み

・2007年度は10万人が登録「予約登録米」(4月3回~5月5回の受付)

2007年産予約登録米(受付は終了しております。)

・お米が育つ様子を身近に感じる「バケツ稲」企画(5月3回)

・田んぼを守ることが多様な生態系の保全につながることを学ぶ「ごはんおかわりシールブック」企画(6月1回)

・「ごはん+汁物」スタイルの提案(9~10月、カタログ紙面にて)

・「おにぎりキャンペーン」(通年)

・7つの商品を通して商品づくりへの思いを伝え、「選ぶ」を提案(通年)などを予定しています。


詳しくは、以下のページをご覧ください

「100万人の食づくり運動」キャンペーン

おにぎりキャンペーン



1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る