左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2008年6月18日 パルシステム生活協同組合連合会

たくさん飲んで、楽しくつくろう!
夏休み「牛乳パック工作コンテスト2008」を行います
パルシステム連合会は、昨年に続き2度目の「牛乳パック 工作コンテスト」を開催します。夏休みの「工作コンテスト」というきっかけにより、子どもたちに牛乳を飲む機会を提供します。6月23日(月)から8月29日(金)まで作品の応募を受けつけ、10月には優秀作品の表彰式も行う予定です。

■夏休みに牛乳を飲むきっかけづくりに

 パルシステム生活協同組合連合会(10会員・会員総事業高1,687億円/会員生協の組合員総数104.9万人)では、子どもたちに牛乳をたくさん飲んでもらいたいという思いから、第2回目となる夏休み特別企画「牛乳パック 工作コンテスト2008」を開催します。

 消化吸収のよいたんぱく質やカルシウムを含む牛乳は、食欲が落ち栄養バランスがくずれやすい夏こそおすすめです。夏休みとなる7~8月は、子どもたちが牛乳飲む習慣をつけるよい機会です。

 この工作コンテストをきっかけに、楽しみながら、牛乳を飲む機会を増やしていただくとともに、消費の低迷が著しい牛乳の利用拡大につながればと考えています。

昨年は、魅力あふれる393点の応募作品から、最終選考で10作品が選ばれました。


■応募作品の募集と表彰式

 6月23日(月)から8月29日(金)まで、パルシステムの牛乳パックを10個以上使ってつくった作品の写真を郵送またはパルシステムのホームページにて募集します。

 審査は、作品の写真やエピソードを、おもちゃインストラクターなどで行います。優秀作品10点を選出し、10月に東京で表彰式を開催し、賞状と賞品の授与を行います。

 参加賞として「こんせんくん鉛筆・消しゴムセット」を応募者全員にプレゼントします。また、受賞作品と表彰式の模様をホームページに掲載する予定です。


「牛乳パック工作コンテスト2008」について詳しくは、下記をご覧ください。

牛乳パック工作コンテスト2008



【資料】

パルシステムの牛乳

パルシステムの牛乳
(左から「こんせん72牛乳」
「いわて奥中山低温殺菌牛乳」
「酪農家の牛乳(1000ml、500ml)」
「酪農家の低脂肪乳」)

パルシステムの牛乳は、全て生産者と一緒に作ったオリジナル商品。
現在、北海道根釧地区、埼玉県秩父・児玉地区、岩手県奥中山地区の3つの産地の原乳を使用しています。生産者や産地が分かり、殺菌方法も高温殺菌(HTST)および低温殺菌(LTLT)で、牛乳本来の味がすると好評いただいています。
また、産地での酪農体験ツアーや、「牛乳生産者にタオルを贈る運動」などに取り組み、生協組合員と生産者の交流を深めています。


<参考>

パルシステムの商品「こんせん72牛乳」



1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る