左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2008年2月13日 パルシステム生活協同組合連合会

取引先メーカーが“食品表示と信頼回復”について学ぶ
「品質管理学習会」を開催します
2月26日(火)、パルシステムのお取引先、主にメーカーのみなさんによって構成する「パルシステム協力会」が、協力会の会員を対象に品質管理学習会を行います。第5回目となる今年は、「食品表示と信頼回復」をテーマに、協力会会員のみなさん約150名が参加する予定です。

■パルシステム協力会が主催

昨年の学習会の模様

 パルシステム生活協同組合連合会(10会員・会員総事業高1,687億円/会員生協の組合員総数104.9万人)のお取引先メーカーのみなさんによって自主的に組織された会「パルシステム協力会」は、2月26日(火)、「品質管理学習会」を開催します。

「パルシステム協力会」は、1990年に発足し、現在はパルシステムグループのお取引先305会員で構成されています。会の中には「組合員交流委員会」、「物流部会」、「環境部会」、「品質管理部会」、  「異業種交流部会」の1委員会4部会が設置され、組合員のみなさんに安心して利用していただける商品づくりや業務品質の向上に努めています。各種イベントへの協賛や工場見学、学習会への協力など、パルシステムの活動にともに取り組んでいます。

協力会の活動部会の一つである「品質管理部会」は、「TASIQAシステム(※1)」(パルシステム品質保証認定制度)「HACCP(※2)」の普及啓蒙や一般的衛生管理の推進に取り組んでいます。今回開催する5回目の「品質管理学習会」は協力会の会員を対象に、この品質管理部会が主催し、パルシステム連合会品質保証部が協力して開催するものです。


■テーマは「食品表示と信頼回復」

 相次ぐ食品偽装事件に消費者の食への信頼は大きく揺らいでおり、「食」に関わる組織や企業は、信頼回復という観点から、食品表示について見直し、再点検することが急務となっています。そこで今回の学習会は、「食品表示と信頼回復」をテーマに開催いたします。

当日は、専門家から「食品表示と製造者が再点検すべきこと」についてご講演をいただくほか、パルシステム連合会からは「仕様書作成から見える食品表示の注意点」についての事例報告も行います。


●パルシステム協力会「品質管理学習会」

日時: 2月26日(火) 13:55~16:50(受付開始13:35)
場所: 大田区産業プラザ(PiO)4階コンベンションホール梅・鶯
電話03(3733)6600
(京浜急行「蒲田駅」東口下車徒歩3分、JR京浜東北線「蒲田駅」東口下車徒歩12分)

【資料】

■講演内容

  1. 「食品表示で何が起こっているのか
    -製造者が再点検しなければならないこと-」(仮)
    独立行政法人農林水産消費安全技術センター
  2. 「食品表示で注意すること-現場でおこっている事例-」
    株式会社日本アクセス食品安全管理部 藤平幸男
  3. 「仕様書作成から見える食品表示の注意点」
    パルシステム連合会 仕様書管理課長 山本和雄
  4. 「パルシステム連合会からの要請」
    パルシステム連合会 商品管理・情報システム統括本部長 石田敦史

※1 TASIQA(たしか)システム

Trial(試み) Authorization(認証) for Safety(安全) Improvement(改善) and Quality(品質) Assurance(保証) system(制度)の略。これまでのパルシステム協力会とのHACCPの取り組み実績をふまえ、2002年度にパルシステムの独自性を組み込んだ「自主認定制度」。試験運用の後、2005年度に制定。このシステムにより工場の公開確認会を行っています。


TASIQA(たしか)システムについて詳しくは下記をご覧ください。

TASIQA(たしか)システムに基いた、工場の公開確認活動


※2 HACCP

Trial(試み) Authorization(認証) for Safety(安全) Hazard Analysis and Critical Control Pointの頭文字をとったもので食品の衛生管理システムの国際標準。従来は「食品の安全性」は、製造する環境を清潔にすれば安全な食品が製造できるであろうとの予測のもと、製造環境の整備や衛生の確保に重点が置かれてきました。製造された食品の安全性の確認は、主に最終製品の抜取り検査(微生物の培養検査等)により行われてきました。これに対してHACCP方式は、原料の入荷から製造・出荷までのすべての工程において、あらかじめ危害を予測し、その危害を防止(予防、消滅、許容レベルまでの減少)するための重要管理点(CCP)を特定して、そのポイントを継続的に監視・記録し、異常が認められたらすぐに対策を取り解決するシステムです。




1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る