左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2008年1月17日 パルシステム生活協同組合連合会

パルシステムの食育-組合員の力作を試食しながら交流
「手作りみそ品評会」を開催します
2月9日(土)、パルシステム連合会本部(東京都文京区)にて、「手作りみそ品評会」を開催します。20年来、組合員に提案しているみそ作りの楽しさをより深めてもらうために行うもので、一次審査通過者12名が参加します。審査発表、表彰式の他、試食やみそ作りのお話を通して、みそ作りを楽しむ組合員どうし、また生産者との交流を深めます。

■わが家の味「手作りみそ」をご提案

パルシステムは毎年「手作り
みそ」を提案しています

 パルシステム生活協同組合連合会(10会員・会員総事業高1,687億円/会員生協の組合員総数104.9万人)は、「いのちの源である食を大切にして、自ら生きる力を高めること」を食育と考え、親から子へ、子から孫へと手作りで受け継がれる“わが家の味”を、豊かな食文化と考えています。

その取り組みのひとつとして、毎年1月には、商品カタログを通して、「手作りみそ」を組合員に提案しています。今年も、商品カタログ1月4回(注文受付:1月21~25日、商品お届け:1月28日~2月1日)にて、初心者の方でもチャレンジできるよう写真つきで「みそ」の作り方を紹介しています。

初心者向けの「手作りみそ」電話相談も2004年より開始し、5年目となりました(今年は2月2日(土)実施)。



■出品者のエピソードも紹介「手作りみそ品評会」

 2月9日(土)には、パルシステム連合会の本部(東京都文京区)にて、手作りみそ品評会を開催します。

パルシステムで20年来、ご提案してきた「みそ作り」は年々参加人数も増加していますが、さらにみそ作りの楽しみを深めていただくことを目的に企画いたしました。

昨年11月下旬に応募のあった組合員32名の手作りみそは、それぞれの“わが家の味”で、手作りならではの味わいがありました。その内、第1次選考を通過した12名が品評会に参加する予定です。

審査員長には丸久味噌株式会社(新潟県上越市)の工場長を、審査員には長年、会員生協の東京マイコープとのみそ作り交流を続けているJA常盤村女性部(青森県藤崎町)の方々などをお招きしました。

みそ玉を作り、かめに詰める
(みそ作りの工程)

みその香りや味、色など、出来栄えとともに、みそ作りのエピソードも審査の対象としています。

生協組合員と味噌メーカーや生産者の交流を深め、みそ作りを楽しむ組合員同士が交流をはかることで、より手作り食への関心を深めていただき、食育実践の輪を広げていきたいと考えています。



●手作りみそ品評会

日時: 2月9日(土)10:00~14:30
場所: パルシステム連合会 茗荷谷本部5階会議室
東京都文京区小日向4-5-16
交通: 東京メトロ丸の内線「茗荷谷駅」徒歩5分

【スケジュール】(予定)

09:40 受付開始
10:00 開会
10:05 審査員紹介 審査委員長あいさつ
10:15 出品者の自己紹介
10:30 みその試食&交流
11:00 「みその話」(山林工場長、JA常盤村女性部ほか)
12:40 昼食会
13:40 審査発表&表彰式
14:10 閉会あいさつ
14:25 閉会


【資料】

<参考>

くらしの情報レシピ・お料理「わが家のみそをつくろう」
「手作りみそ品評会」のお知らせ

■審査員

審査員長:丸久味噌株式会社 工場長
審査員:JA常盤村女性部、生活協同組合東京マイコープ理事ほか

■賞品等

・「わが家のみそ」大賞(丸久味噌工場見学とみそ仕込み体験ツアー)
・ 優秀賞(「産地へ行こう!」旅行券(2万円分)ほか、各賞




1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る