左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2008年1月16日 パルシステム生活協同組合連合会

女性生産者と生協組合員200人が語り合う
「第6回 女性生産者交流会」を開催します
パルシステム生産者・消費者協議会は、2月1日(金)、川口市民ホール フレンディア(埼玉県川口市)において「第6回女性生産者交流会」を開催します。当日は、パルシステムの全国の産直産地から集まった女性生産者と生協組合員など約200人が集まる予定です。女性生産者のくらしや食、農業について語り合い交流を深めます。

 パルシステム生活協同組合連合会(10会員・会員総事業高1,687億円/会員生協の組合員総数104.9万人)の取引産地生産者と生協、組合員でつくるパルシステム生産者・消費者協議会(130団体・代表幹事  香取政典佐原農産物供給センター常務理事/略称:生消協)は、2月1日(金)、フレンディア(JR川口駅東口駅前)において、「第6回女性生産者交流会」を開催します。


■生産者、消費者の枠を越えた「女性どうし」の交流

 「女性生産者交流会」は、日頃交流する機会の少ない産直産地の女性生産者の活動を紹介しあうことで、女性生産者どうし、また消費者である生協組合員との交流を深めようと2002年度より毎年開催しているものです。2004年度より実行委員会を生産者自身が担い、年度によって担当する地域の特色を出す工夫がされています。

6回目となる今年度の交流会は、長野県内の産直産地の女性生産者たちが実行委員となり開催します。当日は、「信濃の国」の踊りや寸劇などが実行委員メンバーにより披露される予定です。

パルシステムの全国の産直産地から集まった女性生産者約120人と生協組合員約80人、総勢200人ほどが一堂に会する予定です。

また“女性生産者は、生産者であると同時に、消費者であり、生活者であり、ひとりの女性である”という観点から、今回の交流会では生産者に限らず、消費者である組合員、流通を担っている女性にも参加をしていただくことで、お互いの立場や役割を共感しあえる場にしたいと思います。

日頃のくらしや食、食を取り巻く農業の問題などについて、生活に密着した活発な意見交換を行い、生産者、消費者の枠を越えた「女性どうし」の交流を深めていきます。



●第6回 女性生産者交流会

日時:2008年2月1日(金)10:30~15:30(予定)

場所:フレンディア(キュポ・ラ本館棟4階)
埼玉県川口市川口1-1-1 TEL 048-227-7603
JR川口駅東口1分


昨年の女性生産者交流会の模様
(昼食交流時)

【スケジュール】(予定)

10:30 受付開始
11:00 オープニング「信濃の国」踊り
(実行委員会メンバー)
11:10 開会・あいさつ
11:20 産地紹介
11:50 昼食・交流(お弁当)
13:00 寸劇・テーブル交流
14:40 感想・まとめ
15:30 閉会

※例年行われていました「一品持ち寄り」はありません。




1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る