左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2007年11月16日 パルシステム生活協同組合連合会

生協とNPOが連携‐品川区大井町で
「食事バランスが一目でわかる!食育講習会」を開催
来る11月29日、12月4日の2日間、品川区の大井町商店街で食事バランスが一目でわかる「食事バランス講習会」を開催します。パルシステムが大井町のNPOと協力し、生協組合員の枠を超えた地域住民を対象に日本型食生活への行動変容を呼びかけます。

■日本型食生活をすすめます

キッチンスタジオの様子

 パルシステム生活協同組合連合会(10会員・会員総事業高1,687億円/会員生協の組合員総数104.9万人)は商品事業そのものを食育と位置付け、これまでも米を中心とした日本型食生活や食育を推進してきました。

このたび、農林水産省の補助事業(実施主体:(財)食品産業センター)に参画して、食事の望ましい組み合わせと量をコマのイラストで示した「食事バランスガイド」を活用した「にっぽん食育推進事業」に取り組みます。

■地域のNPOと協力し、組合員の枠を超えて普及

 今回、東京・品川区の大井町商店街にある「NPOみんなの食育」と連携し、キッチンスタジオにて、食事バランスが一目でわかる「食事バランス講習会」を開催します。

地域に密着した「食事バランスガイド」普及事業を行うことを通して、生協組合員の枠を超えた地域住民を対象とした「日本型食生活の実践」への行動変容を呼びかけることを目的としています。

11月29日(木)は品川区内の幼稚園児保護者を対象に、12月4日(火)は大井町商店街店主(女性)を対象に、講習会を開催します。

各講習会の参加者には、ご自分の「1日の食事内容」を書き出したものを持参いただき、当日それをもとに食事バランスの「コマ」を作成していただきます。できあがったコマをチェックしながら自らの課題を知った上で、バランスのよい食事を店舗のキッチンで紹介します。材料から調理までを目で見て実感していただくことと併せて、不足しがちな副菜の簡単レシピの紹介など、実践につなげる提案も行います。


●「食事バランス講習会」当日開催要項

食事バランスガイドのコマ

幼稚園児保護者対象 11月29日(木)10:30~13:00
大井町商店街店主対象 12月4日(火)14:00~16:30

場所 : 東京都品川区東大井5-7-12 渡辺ビル1F
(大井銀座商店街)
交通: 大井町東急大井町線/JR京浜東北線/りんかい線
大井町駅下車徒歩約4分

 



【資料】

NPO法人みんなの食育

代表理事 竹森 美佐子氏。2004年、食の情報発信基地「みんなの食育ステーションin大井町」をオープン。全国に向けて「食育の大切さ」を発信するとともに、「食育」を軸に、商店街活性化を図ることもめざす。次代を担う子どもたちに「食」の大切を伝えていく「食育リーダー」の養成や、地元商店街とのコラボレーションによる各種イベントの開催、提案を行うなど地元としっかり組んだ活動が特徴的。

NPO法人みんなの食育ホームページ(新しいウィンドウが開きます)

「食事バランス講習会」内容詳細

ステップ1:昨日何食べた?どんなコマになるでしょうか?
ステップ2:バランスのよい食事って?材料と食事を見てみましょう。
ステップ3:不足しがちな副菜。簡単レシピをご紹介!


パルシステムの「食事バランスガイド」普及事業について

取り組み内容:3つの柱を基本に、9つの事業を行います。

媒体 1.オンラインモニターアンケート
2.商品カタログ(毎週約65万部配布/10月1回~3月4回企画にて掲載)
3.子ども向けツール(ごはん&うんちシールブック)(自主事業)
4.ホームページコンテンツ 毎日の食事1.2.3
人づくり 5.インターネット食事バランスチェック(組合員30人モニター/10/1~11/18)
6.食事バランス講習会
場づくり 7.中学校家庭科教材案作成
8.大井町商店街での活動(講習会11/29、12/4)
9.イベントでのポスター掲示

【参考】

農林水産省(新しいウィンドウが開きます)
農林水産省  プレスリリース「食事バランスガイド」を活用した外食・小売業等店舗でのモデル的取り組みの実施について(新しいウィンドウが開きます)




1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る