左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2007年11月1日 パルシステム生活協同組合連合会

初めての挑戦。県域を越えて有機農家が手を結ぶ!
「西日本有機農業生産協同組合」が設立
2007年11月1日パルシステムと取り引きのある生産者が中心となり、11の県にまたがる生産協同組合、「西日本有機農業生産協同組合」を設立いたしました。

 パルシステムはこれまでも、生産者と消費者の共同作業で環境保全型農業を創造し、地域社会に貢献していくことをめざし、農産物の安全性はもちろんのこと、農業の環境への負荷を減らし、さらに生物の多様性を拡大する農法に、生産者とともにチャレンジしてまいりました。

このたび、パルシステム生活協同組合連合会と取り引きのある生産者が中心となり、2007年11月1日に西日本有機農業生産協同組合が結成されました。メンバーの多くは、有機農業や無農薬栽培が社会的に認知される以前から、有機農法に果敢に取り組んできた先駆者たちばかりです。そのような方たちとの長い付き合いを通じ、その想いに共鳴したパルシステムは生産者同士の横のつながりを強めるべく、組合の設立に向けて支援を行ってきました。今後も消費者に有機農業への理解を求める活動や生産者に対する作付け管理などを通じてサポートしていきます。

昨年12月15日に有機農業推進法が施行されましたが、農業人口の減少・グローバリゼーション・環境問題など、農業を取り巻く環境は厳しさを増しています。そのような状況のなか、西日本有機農業生産協同組合は市民参加型の協同社会の創造を担うパートナーとしてふさわしい生産者集団をめざし、自然・生き物との共生、都市と田舎の共生、国際社会との共生を大切にした協同社会を創造することを基本方針としています。

西日本有機農業生産協同組合の会員は関西地方、四国地方、中国地方、九州地方の11の県にまたがっています。この連帯により、旬な食物の周年供給が可能になり、物流の合理化やコストダウンが図れます。また、計画生産による農業の集団化と規模拡大を推し進めながら、地域社会づくりに向けたさまざまな運動に取り組んでいきます。


■西日本有機農業生産協同組合

代表 片山元治  
事務所所在地 奈良県五條市西吉野  
設立 2007年11月1日  
会員数 60  
エリア

・福岡県 田川郡

・愛媛県 西予市
  ・長崎県 雲仙市 ・和歌山県 有田郡
  ・熊本県 宇城市 ・兵庫県 あわじ市
  ・宮崎県 小林市、西臼杵郡 ・滋賀県 草津市、蒲生郡
  ・大分県 速見郡 ・奈良県 奈良市、五條市
  ・島根県 浜田市  


1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る