左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2007年9月25日 パルシステム生活協同組合連合会

有機の畑で健康に育った旬の野菜
「ふーどの有機野菜」3品セットを新発売
パルシステムは、10月2回企画より「ふーどの有機野菜」3品セットを発売いたします。JAS法の有機農産物の生産基準に沿い、化学肥料を使用せずに栽培されたパルシステムのトップブランド「theふーど」の旬の野菜3品を、お求めやすいセット価格でお届けします。

■パルシステムの「ふーどの有機野菜セット」

パルシステム生活協同組合連合会(10会員・会員総事業高1,687億円/会員生協の組合員総数104.9万人)は、食料自給の向上、環境保全型農業の実現に向け、「the ふーど」(*1)や「エコ・チャレンジ」(*2)など、産直事業や有機農法の推進などの取り組みをすすめています。

その一環として発売中の「ふーどの有機野菜」6品セット(「JAS有機認証」を取得した畑で栽培された産直野菜の詰め合わせ)は「野菜本来の味がする」「有機野菜なのに値頃感がある」などと多くの組合員からご好評を頂いています。

このたび、パルシステム連合会は、個人対応型くらし課題解決事業「パルシステム」2007年10月2回企画(商品お届け10月8日~12日)より、「ふーどの有機野菜」3品セットを発売します。

10月1回企画に登場した同商品の2品セットと合わせ、少人数の家庭でも使いやすい数量セットを実現しました。

■毎日使える旬の有機野菜をお届けします

有機農法ギルドの生産者

「ふーどの有機野菜」3品セットは、有機農法にこだわって丁寧に栽培された旬の野菜3品をお届けします。ほうれん草、玉ねぎなど、多彩な料理に使えて、毎日の食事づくりに役立つ、おなじみの野菜ばかりです。

生産者は、この秋の設立をめざす「西日本有機農業協同組合」(奈良、九州などで有機農法を実践する8団体による県を超えるネットワーク/現在農林水産省に認可申請中)のみなさんが中心となります。旬の野菜をバリエーション豊かにお届けするために、6品セットでおなじみのパルシステムの産直産地、有機農法ギルド(*3)や千葉県の、ちば風土の会※からもお届けします。

有機の畑で健康に育った「ふーどの有機野菜セット」は、価格面でもお得です。土作りからこだわった旬の野菜が持つ、野菜本来の味と力を楽しみながら、有機農法に取り組む生産者を応援する「ふーどの有機野菜」3品セットをぜひ、お試し下さい。

※「西日本有機農業共同組合」は現在申請中ですので、しばらくの間「大紀コープファーム」としてお届けします。


●「ふーどの有機野菜セット」3品

価格 税込732円(本体698円)
セット内容 商品の画像10月2回(商品お届け10月8日~12日)=ほうれん草・小松菜・みず菜・さつまいも・里芋・ごぼうの中より3品をお届けします。

*セット内容は企画回によって異なります。
*「ふーどの有機野菜セット」は、6品セットは毎週、2品セットと3品セットは、隔週で交互に企画します。

※「ふーどの有機野菜セット」については詳しくは、下記をご覧下さい。
パルシステムの商品「ふーどの有機野菜セット」

【資料】


※1)「theふーど」の基本的考え方 ~資源循環・環境保全型農業の実現~

「ふーど商品」は、環境保全や資源循環、持続型の生産などに配慮した取り組みを行っている農畜水産物および加工品を対象に、ひとつの理想形を求めたパルシステムのブランドです。例えば青果やお米では、有機認証およびそれに準ずる栽培内容を実現したものを対象とし、畜産と連携した複合経営や畜糞の堆肥化による有効活用、総エネルギーの低減など多様な取り組みを評価して選定されています。また、畜産では、放牧によるアニマルウェルフェア(動物福祉)に配慮し、遺伝子組み換え飼料の排除、牧草や食品残さなどの国内資源の有効活用、成長ホルモン剤の禁止、全飼育期間飼料への抗生物質不使用など厳しい基準をクリアーしています。水産では、収奪型や薬剤を多投する養殖ではなく、魚付き林を守り、水産資源を守り育てる取り組みが評価されています。

※2)「エコ・チャレンジ」商品

出荷予定産地・生産者のすべてがパルシステムが定めた優先排除・問題農薬を排除し、なおかつ除草剤や土壌くん蒸剤を排除した農産物(トマト、ごぼう、ねぎは土壌くん蒸剤使用可)、または天敵や生物資材の導入により、殺虫剤・殺菌剤の使用総量を削減した農産物。品目によっては、時期や産地により、農薬を使用せずに栽培できているものも含まれます。

*「優先排除農薬」とは、国が仕様を認めた農薬のなかでも、パルシステムが定めた「農薬毒性評価一覧表」で、とくに毒性が高いと評価された20成分。「問題農薬」とは、パルシステムが定めた「優先排除農薬」以外で、とくに大きな問題が指摘されている農薬14成分です。

※3)有機農法ギルド

有機農法ギルドは、茨城、千葉、栃木、群馬の4つの県にまたがる有機農業生産者のネットワーク組織です。農地は有機JAS認証を取っており、認証取得農地の広さでは全国屈指の先進地です。メンバーは、有機農業歴10年以上の農家ばかり。茨城・千葉・栃木・群馬の4県からパルシステムの組合員に「ふーどの有機野菜」や「ふーどの平飼いたまご」をお届けしています。霞ヶ浦や北浦の環境を守る活動にも力を入れています。


※「ちば風土の会」については詳しくは、下記をご覧下さい
「千葉県有機農業生産者協議会」が発足しました


1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る