左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2007年8月23日 パルシステム生活協同組合連合会

生産者と「くだもの」を見て、食べて、話す
「くだもの祭り 2007」を開催します
パルシステム生産者・消費者協議会は、9月7日(金)、東京都文京区の全林野会館にて「くだもの祭り 2007」を開催します。パルシステムの生産者や組合員・職員が60人ほど参加し、果物産地の取り組みや工夫を聞き、意見交換をしながらお互いの理解を深める予定です。

昨年の「くだものまつり」の模様

 パルシステム連合会の取引産地生産者と生協、組合員でつくるパルシステム生産者・消費者協議会(128団体・代表幹事  香取政典 佐原農産物供給センター常務理事)(略称:生消協)は、9月7日(金)東京都文京区の「全林野会館プラザ・フォレスト」において、「くだもの祭り 2007」を開催します。

今回開催する「くだもの祭り 2007」は、生消協の部会の一つ「生産者果樹部会」が中心となって準備をすすめてきました。 この「生産者果樹部会」は、りんご・みかんはもちろん、柿やぶとうなど果物生産者28団体で構成されています。

今年は、生協の原点となる生産者と消費者が、それぞれ普段くだものについて思っている事や疑問に感じている事を率直にぶつけ合う、討論会を実施いたします。「エコマークの商品をどのくらい理解しているか」「どの程度の価格が適正か」や「規格は何gくらいがいいのか」など、生の声をお互いの立場で議論していきます。また、楽しいクイズも実施し楽しみながらすすめます。

消費者の好みが多様化し、消費量が年々下がっているくだものですが、このイベントをきっかけに、生産者・消費者の直接対話でお互いへの理解を深め、それぞれの立場で消費拡大や品質向上を目指していきたいと考えます。

■くだもの祭り 2007

日時 2007年9月7日(金) 10:30~15:00(予定)
場所 全林野会館プラザ・フォレスト 5F会議室(東京メトロ丸の内線茗荷谷駅 徒歩7分)
募集人数 各会員生協ごとに5名前後
内容 ・生産者と消費者の討論会 :
規格や安全性、価格などについて、双方の思いや疑問を討論します
・昼食-くだものクイズ
・各産地からの一言メッセージ


1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る