左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2007年8月14日 パルシステム生活協同組合連合会

有楽町に新潟こしひかりの田んぼが出現!
~日本最大級の食育イベント「たべる、たいせつフェスティバル2007」に出展~
8月27日(月)・28日(火)、有楽町・東京国際フォーラムで、日本生活協同組合連合会主催による「たべる、たいせつフェスティバル2007」が開催されます。この日本最大規模の食育イベントに、パルシステムも出展し、会場内に収穫前の田んぼを再現します。

【パルシステムの出展テーマ】

パルシステムは、産直でいのちのチカラをつなぎたい
~「食べる」「作る」「出会う」「生きる」・・お米が育む「いのち」の物語

【出展内容】
「たべる、たいせつフェスティバル」では、各生協でのさまざまな食の活動が発表されます。パルシステム連合会は「パルシステムは、産直でいのちのチカラをつなぎたい」をコンセプトに、「米」をテーマにブースを出展。パルシステムグループの会員生協である東京マイコープ、パルシステム神奈川ゆめコープ、エルコープ(千葉)、ドゥコープ(埼玉)とともに、産直によって「いのちを育む」営みが広がっていくことの可能性を、「食べる」、「作る」両方の視点に立って広くアピールしていきます。

■お米の育む「いのち」の物語に触れる ~収穫前の田んぼを再現!~

パルシステム出展ブースイメージ

 パルシステムのブース内に、米の産直産地JAえちご上越(※)と、新潟県上越市の協力を得て、実際の稲や土を使って田んぼを再現します。使用する稲は、パルシステムの「ふーどの新潟こしひかり」(有機栽培米)と慣行栽培の「新潟こしいぶき」。農薬や化学肥料に頼らない米作りが広げる「いのち」あふれる田んぼの物語を伝えます。

さらに、パルシステムのブースにはお米クイズラリーや田んぼの生きものを紹介するステージイベントやもちつき、上越の獅子舞、わら細工づくり、パルシステムの産直産地による産直品の販売コーナーなどを用意。産直産地であるJAえちご上越から生産者も来場し、いっしょにイベントを盛り上げます。

■産直米の生産者が都内小学校へ!「田んぼの出前授業」を展示
東京調布市の私立「桐朋学園女子部門 桐朋小学校」にて、JAえちご上越による「出前授業」を開催。この「出前授業」は、稲の栽培体験を通して、子どもたちに食べ物の成り立ちを学び、食の背景にある「いのち」を実感してもらいたいと、パルシステムとJAえちご上越でサポートしながら収穫まで実施していきます。フェスティバル当日はこの出前授業の様子と子どもたちの元気な声を展示します。

【資料】

(※)JAえちご上越

JAえちご上越の草間和幸さん

 エコ・チャレンジ米「こしひかり」などの産地、JAえちご上越は新潟県南西部の高田平野に広がる田園地帯。山から流れる雪解け水に恵まれたこの地域は、越後の酒造りとして有名です。また、麦わらやもみ殻などを堆肥にして田んぼに利用する地域資源を循環させるなど、環境保全型農業を地域ぐるみで推進しています。

2001年5月には、上越市、JAえちご上越、(株)よしかわ杜氏の郷、生活協同組合東京マイコープ、パルシステム連合会で「食料と農業に関する基本協定」を調印。安全で安心な農産物の産直拡大強化と、都市と農村との人的交流事業をすすめ、生産者、消費者が一体となっての資源循環型・環境保全型社会の構築をめざしています。2004年には生協組合員が生産履歴などを公開の場で生産者と一緒に確認する、パルシステムの「公開確認会」を開催しました。


■「コープたべる、たいせつフェスティバル2007」日時、場所など

日時 2007年8月27日(月)10:00~19:00、28日(火)10:00~16:00
会場 東京国際フォーラム 地下2階展示ホール(JR有楽町駅下車 徒歩1分)
主催 日本生活協同組合連合会
共催 東京都、首都圏の生協
出展 全国の生協をはじめ、行政、教育関係者、研究機関、NPO、食品メーカー、生産者な ど食品に関係する各団体・組織 100団体以上が出展・出演
参加費 入場無料
コンセプト 「みつけよう たべるたいせつ いきるたいせつ」

「たべる、たいせつフェスティバル」の詳細は以下よりご覧ください。

「たべる、たいせつフェスティバル」ホームページ(新しいウィンドウが開きます。)

<フェスティバル会場での催し>
  • スペシャルトーク…「たべる、たいせつ」世界に目を向けて
    竹下景子(女優・国際連合世界食糧計画WFP協会顧問)と玉村美保子(WFP国際連合世界食糧計画日本事務所代表)の対談
  • パネルディスカッション
    テーマ「くらしに広げる『たべる、たいせつ』」竹下景子ほか
    テーマ「災害と食」奥田和子ほか
  • 高野優(マンガ家・イラストレーター)のトークショー
  • こども向けの料理実演 「料理研究家・枝元なほみ先生」
  • 世界の食コーナー・WFP展示「アフリカの給食、日本とアフリカの食生活の比較」
  • 医療生協の健康チェック(血圧、体脂肪、腹囲)
  • プレゼントがもらえるクイズラリー、スタンプラリーなど参加型企画が盛りだくさん
  • 生産者との交流、産直品や名産品の即売会
  • イベントの環境対応
    参加者には買物袋を持参ください。会場では資料・サンプル配布、産直品などの販売があります。
    本フェスティバルでは、長野県飯田市の「おひさま太陽光発電所」から生まれた電気を利用します。


1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る