左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2007年7月9日 パルシステム生活協同組合連合会

産直米の栽培履歴を確認
秋田県にて「大潟村産地会議 公開確認会」を開催します
7月19日(木)、20日(金)、パルシステムの米の産地、「大潟村産地会議」(秋田県南秋田郡)にて今年度1回目の公開確認会を開催します。大潟村産直会議は、花咲農園と農業団体オーリア21によって形成された産直産地で全国有数の環境保全型農業の先進地域です。

■パルシステムの「公開確認会」

JA魚沼みなみでの公開確認会の様子画像  パルシステム(9会員・会員総事業高1,687億円/会員生協の組合員総数104.9万人)では、食の安全の確保と、環境保全型農業の推進に向け、産地での栽培や生産履歴を生協組合員と生産者が共に公開の場で確認しあう「公開確認会」を1999年より行っています。この公開確認会は、商品が基準どおりにつくられているか透明性を持って組合員に公表することにより、産直関係の絆をより強固なものにしてきました。また産地にとっては、公開確認会を契機として内部の栽培管理体制を整え、農法のレベルアップを促すものです。2006年度までに70カ所の国内外の産地で公開確認会を開催してきました。


■2007年度第1回は秋田県「大潟村産地会議」で開催

2007年度は畜産と農産、酪農で合計7回の「公開確認会」を予定しています。第1回となる公開確認会をパルシステムの産直米産地「大潟村産地会議」(秋田県南秋田郡)で7月19(木)、20日(金)に行います。今年度、公開確認会が行われる産直産地のなかで唯一お米を対象品目に開催し、当日は生協組合員ら約20人、他産地及び関係団体が参加します。

また公開確認会に生きものの視点を取り入れられないか検討すべく、今回試験的取り組みとして6月21(木)、22日(金)に生きもの調査を実施し、その結果を公開確認会当日に報告を予定しています。

大潟村は、山手線の内側面積の約3倍という広さを持ち、40年前、干拓事業によってできた村です。早くから農薬に頼らない米づくりに力を注いできました。2003年には不作のなか、パルシステムに優先的に新米を出荷したり、2004年には「田んぼの生きもの調査」を実施するなど、若手生産者の意欲的な取り組みをパルシステムも支援しています。

今回はパルシステムの国際産直商品、ホムトンバナナの生産地、タイのトゥンカーワット経営農民会の代表者などが、自国で10月に行われる公開確認会に先立ち来日し、この公開確認会に参加する予定です。


「大潟村産地会議 公開確認会」

日時: 2007年7月19日(木)、20(金) *事前監査:18日(水)
場所: 大潟村産地会議(秋田県南秋田郡大潟村字東4-47-1)

【スケジュール(予定)】

7月19日(木) 7月20日(金)
13:00 ・開会(農協)
・公開確認会の主旨説明/監査人紹介/監査方法について(事務局)
・産地プレゼンテーション
・交流について(コープやまなし)
・生きもの調査報告・質疑応答
8:30 ほ場及び関連施設視察
10:30 ・公開確認会のまとめ(農協)
・質疑応答
・監査所見報告/監査のまとめ
・公開確認会を受け産地より
18:30 懇親会 12:00 終了予定

【資料】

■公開確認会について

昨今ますます関心が高まっている農畜産物の安全性につきまして、パルシステム連合会ではこれまで大きな成果をあげてきた「農薬削減プログラム」を発展させて「環境保全型農業推進会議」として、食の安全性の確保、環境保全に貢献した農業つくり、情報公開・トレーサビリティの確保などを進めております。その取り組みのひとつとして、公開確認会を開催しております。生産者、消費者参加による確認作業を2006年度まで70産地で開催、実施いたしました。今年度も産直産地での公開確認会を専門家の方のご協力をいただき開催します。


【確認の主な内容】
  1. 書類審査―データの公開と参加者全員による確認
    (栽培管理書類をすべて公開し、参加者のヒアリングによる審査)
  2. 組識の有機栽培・減農薬栽培等の生産管理体制審査(システムの審査)
    (各生産者への栽培内容が統一されているか等運営審査)
  3. 出荷、流通の審査
    (有機農産物、特別栽培農産物と他の農産物が混入する可能性がないか販売、流通管理体制の審査)
  4. ほ場確認作業(現地調査)
    (全ほ場検証はできないので代表的なほ場のいくつかをピックアップして巡回する。)

【参加対象者】
  1. 各生産者、他団体の生産者
  2. 有識者、研究者
  3. パルシステム連合会 会員生協組合員 職員
  4. (株)ジーピーエス
  5. 地域行政関係者 市町村
  6. その他

【公開される書類】
  1. ほ場台帳 生産者名簿
  2. ほ場単位の栽培管理記録表
  3. ほ場看板
  4. 農産物の出荷、販売実績(面積と整合性がとれるか)
  5. 組識図、定款、規約、栽培基準
  6. 事前調査結果
事前調査:ジーピーエス・検査官がほ場巡回なども含めて実施します


■大潟村産地会議については下記をご覧ください。
大潟村産地会議

■2007年度 公開確認会

月日 企画名 対象品目 開催地
7月19・20日 大潟村産地会議公開確認会 農産(米) 秋田県
9月20・21日 榎本牧場公開確認会 畜産(牛) 北海道
10月11・12日 トップリバー公開確認会 農産(野菜) 長野県
10月17~22日 タイ・トゥーンカワット農園経営農民会公開確認会 農産(バナナ) タイ
12月8日 秩父乳業(JA埼玉酪農)公開確認会 酪農(牛乳) 埼玉県
1月26日 茨城産直八千代支部公開確認会 農産(野菜) 茨城県
2月19・20日 西宇和果実出荷組合公開確認会 農産(果実) 愛媛県



1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る