左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2007年6月28日 パルシステム生活協同組合連合会

「食・農」テーマの地域事業モデルを公募します
パルシステムは、セカンドステージ事業の一環として7月1日(日)より、「食・農」をテーマとした地域事業(コミュニティビジネス)モデルの公募を開始いたします。モデル団体と共に地域で事業を成功に導き、その活動の課題と成果の評価を通じて、広く同様の取組みを普及させることをめざします。

パルシステムのセカンドリーグ事業

団塊世代の大量定年が目前となったいま、豊かさを追い求めて、切り捨ててきたたくさんのことをもう一度取り戻していく、そんな活動を地域ではじめている人が多くいます。パルシステムは、第2の人生を地域で活動したい、起業したいと考える人を応援するため「セカンドステージ事業」の取り組みを進めています。

昨年10月には、地域の活動・事業にかかわる人たちの協働のコミュニティ組織「セカンドリーグ」の設立に向けて、会員情報誌『のんびる』の発行や、セカンドリーグホームページでの情報提供を開始しました。セカンドリーグは、組合員をはじめ地域の住民の主体的な「くらし課題解決」の活動や事業をネットワークし、地域コミュニティを支援していくことを目的としています。

「食」と「農」に関わる地域事業を応援します

2005年食育基本法が制定され、大変注目されてきました。偏食、個食孤食で失われつつある家族団らんの食事、生活習慣病の低年齢化等、「食」に関する状況は悪化する一方です。また食を育む農業の現場では、遊休農地が増え、自給率の低下などの問題も深刻です。

パルシステムでは、食べ物の生産から消費を結ぶ生命循環の理解を広め、「食・農」に関わる活動・事業を支援することが急務と考え、来る7月1日から“「食・農」地域事業(コミュニティビジネス)のモデル事業”の公募を開始いたします。7月31日まで応募を受け、選考・採用の後、2008年3月までモデル事業を実施します。

■公募から成果報告会までのスケジュール

公募期間 2007年7月1日~7月31日
書類審査 8月上旬
ヒアリング選考 8月中旬~下旬
モデル事業採用決定 9月初旬
モデル事業開始 2007年10月以降
中間報告会 2008年1月
モデル事業終了 3月31日
成果報告会 2008年6月

※応募要件、手続きなど公募に関する詳細は以下のページをご覧ください。
食・農コミュニティ事業モデル公募要綱発表(パルシステム セカンドリーグ)
【資料】


■関連ニュース
地域での「食・農」コミュニティ事業 実践事例報告 セカンドリーグ・シンポジウムを開催しました(2007年6月7日パルシステムニュース)


モデル事業による支援内容

1. 支援対象団体及び支援金額
・支援対象団体は1~2団体、支援金額は1団体上限200万円
2. 経営に関する助言(収支改善など)、経営ノウハウ支援
3. 宣伝協力(WEB、『のんびる』、マスコミなど)


セカンドリーグ準備室の主な事業内容

1. 媒体(カタログ&WEB)事業

1) 会員会報誌「のんびる」の発行(315円/月刊)
2) セカンドリーグWEB運営
2. 起業・経営支援事業

1) 実践起業塾開催。修了生の情報交換と個別相談会、視察など実践研修会
2) 経営支援の専門講座(IT、会計学等)の開催
3) くらし課題解決の地域コミュニティ事業の創出支援
3. セカンドリーグ会員組織設立。会員の相互交流・協働事業の推進(セカンドリーグの運営)

■詳しくはこちらをご覧ください
パルシステム セカンドリーグ
セカンドリーグの情報誌「のんびる」についてはこちら


1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る