左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2007年5月23日 パルシステム生活協同組合連合会

能登半島地震
被災者支援カンパに857万円が集まりました
パルシステムグループは、4/9(月)~5/18(金)の6週間、3月に発生した能登半島地震の被災者支援カンパに取り組み、857万800円のカンパが寄せられました。ご協力いただいた生協組合員のみなさんに感謝申し上げます。このカンパは、被災者のみなさんの復興支援に役立てていただきます。

2007年3月25日、石川県能登地方を中心に発生したマグニチュード6.9の地震では、死者1人、重・軽傷者300人以上の人的被害があり、住家被害は1万棟以上に達すると発表されています。

パルシステムグループ(9会員・会員総事業高1,544億円/会員生協の組合員総数94.1万人)は、このたび被災地の復興支援のため、生協の「たすけあい」の精神を以て、会員生協ごとに、生協の注文用紙を利用したカンパ、店頭でのカンパなどに取り組みました。生協の注文書を利用したカンパには、6週間で857万800円のカンパがパルシステムの組合員から寄せられました。

この支援カンパは、石川県生協連などにお送りし、被災者のみなさんの復興支援に役立てていただきます。

パルシステムでは、被害にあわれたみなさまに心からお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復興をお祈りいたします。

■能登半島地震被災者支援カンパ

実施方法 注文用紙を使用した6ケタ注文によるカンパ
実施期間 4月3回~5月4回企画(受注日4月9日~5月18日)の6週間
贈呈先 石川県生協連など
合計金額 8,570,800円

会員生協により、カンパの取り組みの有無、募集時期および募金先が異なります。
「パルシステム」4月3回企画~5月4回企画の6週(受注日は4月9日(月)~5月18日(金))の間に、各会員生協がそれぞれ取り組みました。
カンパの贈呈先、贈呈日時などは各会員生協により異なります。


1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る