左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2007年5月22日 パルシステム生活協同組合連合会

地域での「食・農」コミュニティ事業を公募!
セカンドリーグ・シンポジウムを開催します
パルシステムは、「食・農」コミュニティ事業のモデル事業公募を前に、地域での実践事例報告を通して、ともに考え、実践を広げていくことを目的に、6月1日(金)東京都千代田区の飯田橋セントラルプラザにて、シンポジウムを開催します。

2005年食育基本法が制定され、マスコミでも大変注目されてきました。偏食、個食孤食、生活習慣病の低年齢化等、「食」に関する状況は悪化する一方です。農業の現場では食料自給率は低下、休耕地が増えている問題も深刻です。

パルシステム生活協同組合連合会では食べ物の生産から消費を結ぶ生命循環の理解を広め、「食・農」に関わる活動・事業を支援することが急務と考え、2007年度、新たに、「食・農」をテーマとした地域の事業(コミュニティビジネス)のモデル事業公募を開始いたします。

今回、モデル事業の公募を前に、「食・農」をテーマに地域で実践されている事例報告を通して、ともに考え、実践を広げていくことを目的にシンポジウムを開催します。

「食・農」に関わる事業〔コミュニティビジネス〕に関心のあるみなさまの参加をお待ちしています。

【2007年度セカンドリーグ・シンポジウム】
「食・農」コミュニティ 事業モデル公募開始 実践事例報告・交流会

後援 広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会
農林水産省(予定)
日程 2007年度 6月1日(金)午後1時~5時
会場 飯田橋消費生活総合センター 教室1・2(セントラルプラザ17階)
TEL:03-3235-1151

当日内容

・ 開会 堀 啓(セカンドリーグ運営委員会委員長)
・ 挨拶 若森資朗(パルシステム連合会理事長)
・ 公募主旨 「今なぜ食・農CBモデル事業公募なのか?」
-地域再生と活性化をめざして- 山本伸司(パルシステム連合会常務執行役員)

●実践事例報告

コメンテーター 澤登 信子氏 株式会社ライフカルチャーセンター
商店街の一角で広がる、人がつながる高齢者の居場所つくり「レストラン サラ」 紀平容子氏
NPO法人高齢者の食と職を考えるチャンプルーの会
遊休地活用の農業特区小田原市と連携、食農教育実践
野菜畑からハーブガーデンへ
「はたけの学校」「ハーブの学校」
谷知美和子氏
NPO法人小田原食とみどり
「食育」を軸に商店街活性化へ、「食育ステーションin大井町」 金子朝江氏
NPO法人みんなの食育
栄養士が活躍する、男の料理教室「男子も厨房に入ろう」 木村倫代氏
NPO法人食生活カウンセラーの会

●事例別交流会

報告者を囲んで交流会を行います。

【資料】

■セカンドリーグ準備室の主な事業内容

1. 媒体(カタログ&WEB)事業

1) 会員会報誌「のんびる」の発行(315円/月刊)
2) セカンドリーグWEB運営
2. 起業・経営支援事業

1) 実践起業塾開催。修了生の情報交換と個別相談会、視察など実践研修会
2) 経営支援の専門講座(IT、会計学等)の開催
3) くらし課題解決の地域コミュニティ事業の創出支援
3. セカンドリーグ会員組織設立。会員の相互交流・協働事業の推進(セカンドリーグの運営)

■詳しくはこちらをご覧ください
パルシステム セカンドリーグ
セカンドリーグの情報誌「のんびる」についてはこちら


1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る