左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2007年5月1日 パルシステム生活協同組合連合会

2006年度 22万人の新規組合員が加入
「パルシステム」は、2006年4月から2007年3月までの一年間で約22万人の新しい組合員が加入し、登録者数90万人となりました。より多くの組合員のくらし課題解決をめざし、事業と運動の相互発展に取り組みます。

■「パルシステム」 組合員90万人に ~約22万人の新規組合員が加入しました~

各地で走るパルシステムの配送トラックの画像  パルシステム生活協同組合連合会の1都7県にある9つの会員生協で、2006年度は21万9,901人の新しい組合員が加入しました。

「パルシステム」を利用する組合員は2006年度末90万1,522人となりました。また2006年度は、東北エリアに初のパルシステムとなる「いわき市民生協」がグループに新しく加わりました。


■一人ひとりに対応した3つのカタログでくらし課題を解決します

2006年度 媒体別登録者数の割合のグラフ図  個人対応型くらし課題解決事業「パルシステム」では、「赤ちゃんが生まれた」「子どもが独立した」などくらしのステージの変化によって変化する食生活をサポートするため、ライフステージ別に3つの商品カタログをご用意し、自分のくらしに合ったものをお選びいただいています。

2006年度末時点で、赤ちゃんといっしょの生活を応援するカタログ『YUMYUM』は14.2%、暮らしのクオリティにこだわる大人の行動カタログ『Kinari』が20.3%、食べ盛り、育ち盛りのお子さんがいる家庭向けのカタログ『my kitchen』が65.5%となっています。

■センター数49→55へ

組合員数の増加にともない、商品を組合員のお宅へお届けする拠点となる配送センターは、2006年度はじめの49センターから6センター増え、55センターになりました。東京、千葉、埼玉、福島に1センターずつ、また神奈川には2つのセンターを開設しました。屋上緑化などの環境配慮や、組合員活動の際に組合員が使用できる託児所などを備えたセンターもできました。

■2007年度、無店舗組合員100万人をめざします。 ~事業と運動の相互発展~

2007年度は「パルシステムブランド浸透をめざし、商品利用、業務品質をさらに高めよう。」をテーマに、供給高1771億(107.7%以上)、拡大年間24万人(110%伸張)無店舗登録組合員100万人をめざします。

パルシステムグループは、「事業が運動をつくり、運動が事業をつくる」との視点で運動と事業の発展をめざし、今後もより多くの生協組合員のくらし課題に貢献してまいります。


1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る