左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2007年4月26日 パルシステム生活協同組合連合会

パルシステムPB商品2006年度末で45%に 今期受注高6割をめざします
パルシステム連合会は、プライベートブランド(PB=自主企画)商品の比率を高めます。2006年度、食品部門のPB受注高は前年比75億円増・114%の594.2億円となりました。PB比率45%。第4期中計期末(2007年度末)までに受注高60%をめざします。

■2006年度 PB比率45% ~前年比75億円増・114%伸長~

2005年度・2006年度のPB商品比較グラフの画像  2006年4月から2007年3月までの一年間、食品部門のPB商品受注高は594.2億円であり、食品受注高合計の44.9%を占めました。2005年度の519.2億円と比べて75.0億円の増加、114.4%の伸長となりました。

  2005年度 2006年度 前年比
PB 519.2億円 594.2億円 114.4%
食品計 1198.7億円 1323.9億円 110.4%
PB比率 43.4% 44.9%  

■2006年度 PB開発 23品ほか ~物語のある商品作り~

2006年4月から2007年3月までの一年間、ほぼすべてがPB商品の産直米穀・農産・畜産・卵・牛乳、パンの6分類(※1)を除く、〔惣菜食品・水産・冷凍食品・加工食品・調味料・酒類・飲料・菓子〕の8つの分類で、新たに23品をPB商品として発売しました(別紙に23品一覧表)。畜産やパンを入れると100品以上となります。

2006年度の新規開発商品には、産直産地の原料を使った「産直野菜で作った白菜漬」(11月発売)や、素材のよさを生かしてシンプルな製法にこだわった「鮭ほぐし」(12月発売)などがあります。

また、消費者である組合員自らが参加する商品開発にも力を入れています。1998年度から設置したサポーターグループ(※2)の協力に加え、2006年度は初のインターネット利用による「商品開発オンラインモニター」で735人の声を聞いた「えびが自慢のシーフードミックス」をPB商品として発売しました(11月)。

さらに、NB(ナショナルブランド)商品を見直してPB商品にしたものもあります。長年組合員に愛用いただいている「花見糖」は国産さとうきびの原材料限定を確立、パッケージリニューアルを経て、PB商品として生まれ変わりました(10月)。

■今後の目標 ~2007年度末までに受注高6割へ。商品開発・育成力を強めます。~

パルシステム商品の画像  パルシステムグループでは、2005年度から2007年度までの3年間を第4期中期計画と位置付け、重点課題のひとつにPB商品の強化を掲げています。組合員参加でパルシステムPB商品の戦略的開発と育成を強力にすすめ、部門別に主要商品を絞りながら、食品供給高の6割をめざします。

各部門でのオンラインモニターなど組合員参加をはじめとした新規商品開発や、商品の利用アンケートによって定期的に見直しをおこなうなど、育成の面も強力にすすめてまいります。

パルシステムは、今後もPB商品を通して組合員のくらし課題解決に貢献します。

※1 パルシステムでは、産直の米穀・農産・卵・牛乳はすべてPB商品です。また、子会社でつくるパン、畜産はほとんどがPB商品です。

※2 「サポーターグループ」は、よりよい商品作りを組合員とともにすすめるパルシステムの仕組みのひとつで、組合員自身がパルシステム商品の開発や改善に取り組んでいます。
資料

■PB開発の目的

パルシステムらしさの典型的な商品と位置付け、組合員のくらし課題解決に貢献するものとします。
商品政策を具現化し、生産、加工、流通において明確な特性を持ち、新規の開発を通して、競争優位な価格と事業への貢献を実現します。


■PB商品の開発指針
(1) PB商品は当会を代表する商品であり、品質はもちろん環境負荷低減においても組合員に対して貢献する商品とします。
(2) 内容だけでなく、容器包装や表示方法などトータルな形で、組合員のくらしに役立つ商品として表現できるものとします。
(3) 他の商品と比べて明確な優位性をもち、新しい価値の提案や社会的主張ができる商品とします。

■2006年度 新規開発PB23商品 (米穀・農産・畜産・牛乳・卵・パンを除く)

部門 商品名 こだわりポイント(新登場月)
惣菜食品
(4)
小粒納豆(たれ・からし付) 国産の小粒大豆を100%使用した、やわらかく食べやすい納豆。(4月)
産直野菜で作った白菜漬 産直野菜を使い、食塩、砂糖、米酢、昆布、唐辛子とシンプルな原材料で漬けた白菜漬。新漬け、深漬け好みの食べごろで。(11月)
カスタードプリン 原材料は牛乳、卵、砂糖のみ。卵はパルシステムの産直卵使用。家庭で作ったような味に仕上げています。(1月)
ひきわり納豆 国産の中粒大豆を100%使用した、やわらかく食べやすいひきわり納豆。(3月※)
冷凍食品
(2)
産直じゃがいものほくほくコロッケ 産直産地・大牧農場の男爵いも使用。豚肉、玉ねぎは産直原料。じゃがいものほくほくとした食感と風味が味わえるようシンプルに味付け。(2月)
きょうは春巻! 国産小麦粉で作った皮で、国産野菜や国産しいたけ、産直豚肉などを包んだ春巻。(2月)
水産
(4)
九州産塩さばフィレ 旬に長崎県五島沖で漁獲された寒さばを三枚におろし塩水処理。脂がのってボリュームあり。(4月)
三陸産わかめ 三陸産のわかめを湯通しし塩蔵。磯の風味と歯ごたえ。塩分濃度30%以下。便利なチャック袋入り。(5月)
銀だら西京漬 アラスカ沖で漁獲の銀だらを京風白味噌で漬け込み。みその味付けにサポーターグループが協力。1切れずつの個包装。(10月)
えびが自慢のシーフードミックス インド産大きめ天然えびをメイン(50%配合)に、北太平洋産鹿の子入りムラサキイカ、中国産イタヤ貝柱をミックス。組合員オンラインモニター735人が開発に協力。(11月)
加工食品
(6)
ノンフライ麺冷し中華(ごまだれ) 国産小麦を使用した、のど越しのよいノンフライ麺。スープはねりごま、しょうゆをベースにしたごまだれ味。(5月)
ほたて貝柱フレーク缶 陸奥湾産の原料のみを使用。原料のおいしさを引き出す塩のみのシンプルな味付け。(9月)
産直たまごのふわふわスープ 産直卵を使用したあっさり味のフリーズドライスープ。化学調味料不使用。(10月)
北海道コーンがおいしいスープ 北海道産のスイートコーンの甘みを生かしたカップスープ。化学調味料不使用。(10月)
わかめのあっさりスープ 鳴門産の乾燥わかめにごまを入れたあっさりとしたスープ。(11月)
鮭ほぐし 北海道産の質のよい秋鮭のみを荒くほぐして塩のみで味付け。(12月)
調味料
(1)
花見糖 国産のさとうきびを使用し、自然な色、風味と甘さが特徴の砂糖。(10月)
飲料
(4)
鹿児島知覧有機栽培の緑茶 鹿児島知覧で肥料作りから有機栽培に取り組む農家のお茶。深いコクと甘みがあります。(6月)
旬に搾ったトマトジュース(食塩無添加) 長野県産トマト100%を旬の時期に祖彫り、そのままパック。食塩無添加なので料理にも。(9月)
旬に搾ったトマトジュース(食塩添加) 長野県産の真っ赤に熟したトマトのおいしさをそのままパック。食塩(海はいのち)を添加。(3月)
もっと野菜!赤128 野菜(トマト、人参)と果実(りんご)にレモンで味を調整。1缶で1日に足りていない、野菜あと128gを手軽に。(3月)
酒類(2) 勝沼のワイン甲州(白)・酸化防止剤不使用 山梨勝沼産甲州を使い酸化防止剤不使用で造りました。いろいろな料理に合わせやすい辛口です。スクリューパック。(4月)
産直梅の梅酒 産直産地「大紀コープファーム」の適熟した南高梅を使用した原酒タイプの梅酒。アルコール17度。(2月)

※「ひきわり納豆」は『YUMYUM』のみ


1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る