左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2007年4月23日 パルシステム生活協同組合連合会

生協組合員協力で開発「なめらか絹とうふ小分けパック」新発売
パルシステム連合会は、このたび「なめらか絹とうふ小分けパック」を発売します。開発には生協組合員が協力し、消費者の目線から「フィルムが開けやすく、長期保存可能な充填豆腐を」などの声を生かしました。北海道産の大豆とにがりで作った絹豆腐です。消泡剤は不使用。150g×2個組の便利な使いきりサイズです。

パルシステム生活協同組合連合会(9会員・会員総事業高1,544億円/会員生協の組合員総数94.1万人)は、個人対応型くらし課題解決事業「パルシステム」2007年5月2回企画(商品お届け5月7日~11日)より、「なめらか絹とうふ小分けパック」を発売します。

■サポーターグループ協力開発 ~消費者の目線で~

「あい らぶ と~ふ」のみなさんの画像

 この商品は、生協組合員で構成される「サポーターグループ」の協力を得て開発しました。この「サポーターグループ」は、よりよい商品作りを組合員とともに進める仕組みのひとつ。パルシステムでは、各会員生協でいくつかの「サポーターグループ」が、それぞれのテーマで活動しています。

今回の開発には、会員生協のひとつである生活協同組合エル(平野都代子理事長・組合員15.4万人/本部:千葉県船橋市)の2006年度サポーターグループ「Iらぶと~ふ」の協力をいただきました。

調理例の画像

■原料にこだわりました

原料の大豆は北海道産を100%使い、日光の水を使用しています。大豆のほんのりとした甘みと、なめらかな食感が特徴です。消泡剤を使用せず、にがりのみで固めました。

■小分けパックで開けやすい、長期保存もOK

150g・2個組の、便利な食べきりサイズです。使い勝手のよさも考えて、小分けパックにしました。そのまま器に盛れば、ひとり分の冷や奴にちょうどよいサイズ。また、「フィルムが開けやすく、長期保存可能な充填豆腐を」との意見から包材を工夫。手で簡単に開けられるフィルムにしました。

包装後の過熱で豆乳を凝固させる充填豆腐のため、賞味期限が16日間と長くなります。

●なめらか絹とうふ小分けパック
価格 118円(本体113円) なめらか絹とうふ小分けパックの画像
規格 150g×2
原材料 丸大豆、塩化マグネシウム(豆腐用凝固剤)
賞味期間 16日
供給開始 2007年5月2回企画(商品お届け5月7日~11日)
※『Kinari』では、2007年5月1回企画で先行して登場しています。


1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る