左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2007年4月9日 パルシステム生活協同組合連合会

消費者の目で食の安全確認
第5回「工場の公開確認報告会」開催します
来る4月16日(月)、「工場の公開確認報告会」を開催します。パルシステムでは、食品製造委託工場の品質管理向上と評価を進めるため、工場の公開確認活動を行っています。2006年度は5工場で消費者である生協組合員がパルシステム商品の製造工場を視察。当日は各工場の品質管理の取り組みなどを報告し、製造者と消費者が相互理解と信頼を深める予定です。

第5回報告会を開催 ~2006年度、生協組合員22人が5工場を視察~

工場の公開確認活動の説明の画像
2006年度に開催した5工場での「工場の公開確認会」の報告を、4月16日(月)東京都消費者総合センターにて行います。当日は各工場の品質管理の取り組みと製造商品についての特徴や開発経緯などを説明するほか、監査人講習を受けた生協組合員が監査人として報告を行う予定です。

「工場の公開確認会」とは

消費者である生協組合員がパルシステム商品の工場を訪れ、商品が基準どおりに作られているか透明性を持って組合員に公表し、製造者といっしょになって食の安全を確認するシステムです。
2003年度に開始し、工場の製造管理の記録や衛生管理の取り組みについて点検確認しています。
2005年には「TASIQA(たしか)システム」(パルシステム品質保証認定制度)を制定し、同システムに基づいた工場の公開確認活動を推進。4年間で開催した公開確認会は、2006年度の5工場を数えて合計22工場となりました。
牛乳、精米、肉加工工場など、対象工場は多岐にわたります。製造工場と消費者組合員の信頼関係の強化と、それに基づくパルシステムならではの商品利用の拡大定着、また商品事故の削減をめざします。

また、公開確認会の結果は、年に1~2回開催する「工場の公開確認報告会」で報告しています。工場の責任者・組合員・生協職員が参加し、消費者である組合員が製造工場での品質管理の取り組みや改善努力を知り製造者との相互理解と信頼を深める場となっています。

当日概要/第5回 工場の公開確認報告会

日時 4月16日(月)13:30~16:45
場所 東京都消費者総合センター 17階 I ・II 学習室
交通 JR中央線・総武線 飯田橋
報告工場
(報告順)
(1)岩手農協チキンフーズ(株)県央工場(鶏肉加工)
(2)暁魚類(株)工場(魚加工)
(3)(株)ゆう屋(魚加工)
(4)(株)松岡水産(魚加工)
(5)(株)和郷さあや’Sキッチン(冷凍野菜加工)

●TASIQAシステムとは

Trial(試み)Authorization(認証)for Safety(安全)Improvement(改善)and Quality(品質)Assurance(保障)system(制度)の略。パルシステム独自の品質保証制度。

●以下のページも参考にご覧ください。

パルシステムの品質保証


1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る