左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2007年3月19日 パルシステム生活協同組合連合会

生協組合員協力で開発「フライパンでつくるさばソテー」新発売
パルシステム生活協同組合連合会(10会員・会員総事業高1,544億円/会員生協の組合員総数94.1万人)は、4月1回企画(お届け4月2日〜6日)より「フライパンでつくるさばソテー」を発売します。鮮度、脂質の良い千葉県銚子産の真さばに限定した原料を加工し、オニオンソースとセットにしました。開発には生協組合員が協力。「魚を子どもにいっぱい食べてほしい!」そんな思いがこめられた商品です。

サポーターグループ「いばらきおとと」のみなさんの画像 この商品は、生協組合員で構成される「サポーターグループ」の協力を得て開発しました。この「サポーターグループ」は、よりよい商品作りを組合員とともにすすめる仕組みのひとつで、組合員自身がパルシステム商品の開発や改善に取り組んでいます。
 パルシステムでは、各会員生協でいくつもの「サポーターグループ」がそれぞれのテーマで活動しています。

 今回の開発には、会員生協のひとつである生活協同組合ハイコープ(米山美希子理事長・組合員8.7万人/本部:茨城県水戸市)の2006年度サポーターグループで、日本近海の大衆魚を使った加工品の開発に取り組んだ「いばらきおとと」の協力をいただきました。

「フライパンでつくるさばソテー」調理例の画像 今回発売する「フライパンでつくるさばソテー」の原料は鮮度、脂質のよい千葉県銚子産の真さばに限定しています。水揚げされた真さばを骨を抜いて食べやすい大きさにカットした後、粉付けしました。

 また、国産たまねぎを細かくみじん切りにし、しょうゆと合わせたオニオンソースとセットにしました。玉ねぎの食感を残した、真さばのうまみを引き立てるほんのり甘酸っぱい仕上がりのサポーターグループ自慢のソースです。

 凍ったままフライパンで焼き、添付のソースをからめるだけなので、魚料理が苦手な方でも簡単に夕飯のメインのおかずが作れます。
 冷めても変わらないおいしさで、サックリとした食感がありますのでお弁当のおかずにもおすすめです。骨抜きで、子どもも食べやすい大きさ(約40g)です。
 添付のソースは野菜と合性がよく、サラダ風にすれば野菜もたっぷり食べられます。

 「魚を子どもにいっぱい食べてほしい!」そんな思いがこめられた商品です。

■フライパンでつくるさばソテー
価格 399円(本体380円)
規格 5切200g、オニオンソース100g
原材料 「フライパンでつくるさばソテー」の商品画像【さば粉付】マサバ、じゃがいもでん粉

【オニオンソース】たまねぎ、しょうゆ、水あめ、上白糖、醸造酢、しょうがおろし、清酒、酵母エキス、ワキシースターチ
アレルゲン
賞味期間 180日


1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る