左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2007年2月22日 パルシステム生活協同組合連合会

生消協第18回通常総会・フォーラム、県別交流会を開催します
パルシステム連合会の取引産地生産者と生協、組合員でつくるパルシステム生産者・消費者協議会は、3月1日(木)午前10時より、「JAホール」(東京都千代田区)にて、第18回通常総会およびフォーラムを開催します。翌2日(金)には、首都圏7会場で生産者と消費者の交流を深める「県別交流会」をおこないます。

昨年の会場の模様の画像 パルシステム生活協同組合連合会(10会員・会員総事業高1,544億円/会員生協の組合員総数94.1万人)の取引産地生産者と生協、組合員でつくるパルシステム生産者・消費者協議会(125団体/代表幹事 清水清也JAささかみ代表理事組合長/略称:生消協)は、3月1日(木)午前10時より、東京都千代田区の「JAビル」内のJAホールにおいて、第18回通常総会とフォーラムを開催します。

 当日はパルシステムの産直産地の生産者、生協組合員ら250人が集まる予定で、代議員125人が中心となり、2007年度の活動方針などについて議論する予定です。
 また、同日午後、同会場で開催するフォーラムでは、生消協顧問の中島紀一先生(茨城大学教授)をお招きして「有機農業推進法並びに農政の転換と実践事例」のタイトルで講演をいただき、また農水省からもご担当者をお招きして「農地・水・環境保全向上対策」の概要についてお話をうかがいます。大きく動こうとしている日本の農業政策を、生産者だけの問題ではなく消費者もいっしょに考えていかなければならない問題としてとらえ、両者で国の政策をしっかりと知り、続くパネルディスカッションで議論を深めていく予定です。

 総会・フォーラムの翌日は、パルシステムグループの会員生協ごとに分かれ、7会場で「都県別交流会」を開催し、生産者と消費者との交流を深めます。これらの総会、フォーラム、都県別交流会などを通じて、あらためて生協産直の意義を共有し、さまざまな課題に取り組んでいきます。

■パルシステム生産者・消費者協議会 第18回通常総会・フォーラム

日時 2007年3月1日(木)
総会:10時〜12時
フォーラム:13時〜16時(予定)
会場 JAホール(JAビル内) 東京都千代田区大手町1-8-3
予定議案
1. 2006年度活動のまとめと2006年度決算報告承認の件
監査報告
2. 2007年度活動方針(案)並びに2007年度予算(案)承認の件
3. 規約改定の件
4. 役員選出の件
フォーラム内容
1. 有機農業推進法並びに農政の転換と実践事例
2. 「追っかけ」報告【ユーアイコープ】
3. 「農地・水・環境保全向上対策」の概要について
農水省 農村振興局長 中條康朗氏
4. パネルディスカッション
「地域産地の取り組みとパルシステムの動き(仮)」

■県別交流会(都県別に1都6県で開催します)

開催日時:2007年3月2日(金) 10時から14時前後(開催時刻は会場によって異なります)
会場:主催生協と会場は以下のとおりです。

都県 主催生協 会場
東京 東京マイコープ 立川グランドホテル
神奈川 パルシステム神奈川ゆめコープ ワークピア横浜
千葉 エルコープ クレストホテル柏
埼玉 ドゥコープ・ユーアイコープ 浦和ワシントンホテル
茨城 ハイコープ ホテルレイクビュー水戸
山梨 コープやまなし ベルクラシック甲府
群馬 パル群馬・渋川市生協 前橋問屋センター会館


1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る