左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2007年2月5日 パルシステム生活協同組合連合会

生協組合員協力で開発「白パン(カスタード)」新発売
パルシステムは、2月3回企画よりパルシステムオリジナルの新商品「白パン(カスタード)」を発売します。パルシステムで人気の「白パン」の生地に、「クリームパン」でおなじみのカスタードクリームを包みました。開発には組合員の声を参考にし、絶妙な配合比にたどり着きました。

「白パン(カスタード)」盛り付け例の画像 パルシステム生活協同組合連合会(10会員・会員総事業高1,544億円/会員生協の組合員総数94.1万人)は、個人対応型くらし課題解決事業「パルシステム」2月3回企画(商品お届け2月19日〜23日)より、生協組合員の協力で開発したパルシステムオリジナルの新商品「白パン(カスタード)」を発売します。

 組合員とともによりよい商品作りをすすめるパルシステムでは、商品の開発・改善に取り組む組合員のグループ「サポーターグループ」が各会員生協でそれぞれのテーマで活動しています。今回発売する「白パン(カスタード)」は、東京マイコープ(吉森弘子理事長・組合員30.1万人/本部:東京都新宿区)で菓子パンの開発に取り組んでいる2006年度のサポーターグループ「パンdo」の協力を得て、パルシステム連合会が開発したものです。

サポーターグループ「パンdo」のみなさんの画像 この商品は、パルシステムで人気の「白パン」の生地に、パルシステムオリジナルの「クリームパン」で組合員に好評のカスタードクリームをたっぷり包み、焼き上げました。

 「白パン」は、生地に水あめなどを加えたふわふわの食感が大好評。一方「クリームパン」でもおなじみのカスタードクリームは、「卵の味わいがする」と手作り風の素朴な味わいが多くの組合員に人気です。

 ふたつを組み合わせる上でポイントとなるのは、両方の良さを最大限に生かす配合比。試作を繰り返した末に絶妙な配合比にたどり着きました。白パンのふわふわ食感も、カスタードクリームの素朴な味わいも健在です。

 そのままはもちろん、オーブントースターで少し温めるとより一層ふわふわとした食感となり、おいしくお召し上がりいただけます。やさしい甘さと食感がおやつにぴったりです。ぜひお試しください。

■白パン(カスタード)
価格 239円(税込250円)
規格 5個
原材料 「白パン(カスタード)」の商品画像【パン生地】小麦粉強力粉、三温糖、ショートニング(植物性油脂(パーム油、パーム核油、やし油、なたね油、米ぬか油、とうもろこし油))、イースト、水あめ、食塩

【カスタードクリーム】糖類(砂糖、水あめ)、なたね油、乳製品(バターミルクパウダー、脱脂粉乳、カゼイン(乳蛋白)、クリームチーズ)、コーンスターチ、全卵、洋酒、グリシン(日持ち向上剤)、増粘安定剤(キサンタンガム、ジェランガム)、着色料((クチナシ黄色素、β-カロチン)

【トッピング】小麦粉強力粉
アレルゲン 卵・乳・麦
賞味期間 お届け翌日
製造者 (株)せいきょうのパン屋さん

*パルシステムはすべてのパンに「イーストフード」を使用していません。
「イースト」は自然界に生息する生き物。この酵母がパン生地の糖分をアルコールと炭酸ガスに分解し、そのガスの作用でふっくらとしたパンになります。一方「イーストフード」はパン生地の発酵を促し、ソフトな食感にするために使われる食品添加物です。「イーストなど酵母の力で発酵させてこそ、小麦粉本来の味が引き出される」と考えるパルシステムでは、すべてのパンにイーストフードを一切使用していません。毎日食べるものだからこそ、安易に添加物には頼らずに、安心して食べられるものをお届けしたい…そのための手間は惜しまないのが、パルシステムのこだわりです。


1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る