左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2006年11月29日 パルシステム生活協同組合連合会

パルシステムは「手作りおせちでお正月」を提案します
パルシステムは、2007年のお正月を「手作りおせち」で迎えることを提案します。商品カタログで手作りするための素材を数多く企画するほか、ホームページコンテンツ「『わが家のお正月』を手作りしよう!」で、おせち料理のレシピをご紹介します。

おせち料理のイメージ画像。手作りおせち料理のレシピをご紹介 パルシステム生活協同組合連合会(10会員・会員総事業高1,544億円/会員生協の組合員総数94.1万人)は、「健やかで安心なくらしと協同の地域社会をめざし、いのちの源である食を大切にして、自ら生きる力を高めること」を食育と考え、カタログやホームページでの情報提供や、梅干しやみそ、うどんの手作り企画、本年3月『パルシステム食育ガイドブック【入門編】』の発行などを行って、食育の実践を提案しています。

 2007年のお正月、パルシステムはおせち料理を手作りすることを組合員に提案します。地域によっても、家庭によってもさまざまなおせち料理。手作りしなくても、おいしいものが簡単に手に入る日常ですが、1年の節目であるお正月は、親から子へ「わが家の味」を伝えるいい機会です。おせち料理の意味や家庭に伝わる味を、親から子へと大切に守り伝えていきたいものです。
  また、おせち料理は、パルシステムの考える食育の要素「食文化を知り、伝える」を実践する格好の素材です。1品でも2品でも手作りのものを加えて、「わが家」ならではのお正月を迎えることをパルシステムは提案します。

 パルシステムでは、12月2回からの商品カタログで、おせち料理を手作りするための素材を数多く企画し、「手作りおせち」でのお正月をおすすめします。また、ホームページで新コンテンツ「『わが家のお正月』を手作りしよう!」を公開し、昆布巻き、黒豆、伊達巻、栗きんとん、数の子、お煮しめなどのレシピを紹介しているほか、昨年おせち料理を手作りした組合員のコメントも多数紹介しています。

 このおせち料理作りの取り組みは、「手作りおせち報告」として組合員から感想を募集し、今後パルシステムの商品カタログやホームページで広くご紹介する予定です。

■「わが家のお正月」を手作りしよう!のページは以下よりご覧ください。

「わが家のお正月」を手作りしよう!

■ご参考に、以下の食育についてのページもご覧ください。

『パルシステム食育ガイドブック【入門編】』を発行します(2006年3月15日プレスリリース)
パルシステムの食育


1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る