左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2006年10月31日 パルシステム生活協同組合連合会

消費者が産地を確認!「薄農場公開確認会」を開催します
来る11月8日(水)〜9日(木)、パルシステムの牛肉の産直産地「薄農場」(福岡県宗像市)にて、今年度4回目の公開確認会を行います。消費者である生協組合員や役職員など約45人が訪れ、牛肉生産の確認作業を行う予定です。通算68産地目の公開確認会となります。

JA士幌町肉牛振興会公開確認会(2005.10.13-14.)の模様の画像 パルシステム生活協同組合連合会(10会員・会員総事業高1,544億円/会員生協の組合員総数94.1万人)は、2006年11月8日(水)・9日(木)、福岡県宗像市にあるパルシステムの牛肉の産直産地、「薄農場」にて、公開確認会を開催します。

 パルシステムでは、食の安全の確保と、環境保全型農業の推進に向け、生協組合員が文字通り安心できる農産物づくりをすすめるものとして、産地での栽培や生産履歴を生協組合員と生産者がいっしょになって、公開の場で確認しあう「公開確認会」を1999年より全国の産直産地ですすめてまいりました。この公開確認会は、商品が基準どおりにつくられているかどうか透明性を持って組合員に公表することにより、産直関係の絆をより強固なものにしてきました。
  また産地にとっては、公開確認会を契機として内部の栽培管理体制を整え、農法のレベルアップを促すものであり、この取り組みは生協における「食の安全」システムづくりに向けた取り組みとして、生協をはじめ各方面より注目をいただいています。これまで67の国内および海外の産地で公開確認会を開催してきました。

 今回開催するのは、パルシステムの牛肉産地である「薄農場」での畜産公開確認会です。薄農場では、肉専用種同士(黒毛和牛系統種・アンガス牛系統種)を掛け合わせた肉用交配種「薄一郎牛」を生産。薄農場と協力関係にあるアグリザーブ農場(オーストラリア)で生まれた仔牛を、薄農場(福岡県)で肥育しています。仔牛については出生から育成の情報まで、ICタグによるデータ管理を行っており、また全飼養期間、抗生物質を飼料に加えずに育てています。研究を重ねて作り上げられたその牛肉は、歯切れがよくてやわらかな肉質とサラッとした良質な脂が特徴です。
 当日は、消費者である生協組合員や役職員など約45人が訪れ、農場台帳など各種書類の確認や、農場視察などの確認作業を行う予定です。また、10月17〜21日にアグリザーブ農場(オーストラリア)で行われた事前監査の報告もあります。

■薄農場公開確認会

日時: 2006年11月8日(水)13:30〜 9日(木)14:30
会場: 玄海ロイヤルホテル
福岡県宗像市田野1303 電話:0940-62-4111
対象産地: 薄農場 福岡県宗像市

■スケジュール(予定)

11月8日(水) 13:00 監査人による監査(帳票閲覧)
15:00 公開確認会・受付
15:30〜19:00 公開確認会
19:15〜21:00 交流会
11月9日(木) 8:15〜11:00 薄農場視察
11:00〜12:00 昼食(バーベキュー)
13:00〜14:30 まとめ(福岡食肉市場)
終了

■公開確認会について

【公開確認会】
パルシステム連合会では農畜産物の安全性について、これまで大きな成果をあげてきた「農薬削減プログラム」を発展させ「環境保全型農業推進会議」として、食の安全性の確保、環境保全に貢献した農業つくり、情報公開・トレーサビリティの確保などを進めております。その取り組みのひとつとして、公開確認会を開催しております。生産者、消費者参加による確認作業を2005年度まで64カ所開催・実施いたしました。監査をおこなう消費者(監査人)は、事前に監査人講習会(※)を受講しています。

【確認の主な内容】
1. 書類審査—データの公開と参加者全員による確認
(飼養管理書類を全て公開し、参加者のヒアリングによる審査)
2. 生産者の生産フロー等の生産管理体制審査(システムの審査)
(生産者が飼養管理基準にそった飼養をしているかを検証する)
3. 出荷、流通の審査(と畜・加工)*今回見学はありません。
(生産者からの出荷後、処理・カットライン別、製造の衛生管理、原料肉の検査体制の審査)

【参加対象者】
1. 各生産者、他団体の生産者
2. 有識者、研究者
3. パルシステム連合会 会員生協組合員、職員
4. (株)パル・ミート
5. 地域行政関係者 市町村
6. その他

【公開される書類】
1. 農場台帳 生産者履歴
2. 農場の生産肥育管理記録表
3. 畜産物の出荷計画および出荷実績
4. 組識図、定款、規約、肥育管理基準
5. と体・正肉検査の記録
6. 事前調査結果  *事前調査 (株)パル・ミート、パルシステム連合会が農場・工場巡回なども含めて実施します。

※「公開確認会監査人講習会」

1. 公開確認会監査人講習会の目的

パルシステム連合会の公開確認会に出席いただく監査人について、生協組合員・役職員・生産者を対象に監査人講習会をすすめています。監査人講習会の目的は以下のとおりです(畜産もこれに準ずる)。

1) 公開確認会の位置づけ・役割について理解する。
2) 生協産直を取り巻く情勢・状況認識について理解する。
3) 新JAS有機認証の法律的な知識や検査認証の技能を深める。
4) 栽培管理記録と各種書類の監査の仕方について理解を深める。

中級監査人講習会では、以上に加え、さらに以下の3項目の講習を行います(畜産もこれに準ずる)。

1) 監査人として最低限度必要な法令知識を習得します。特に、新JAS法や農薬取締法等、法令要求事項の理解を深めます。
2) 事業に必要な内部規定や生産工程管理規定等を策定・管理し、実践を評価できる技能を深めます。
3) 契約事項・約束事項等・要求項目についてリスクを評価(分析)し、管理できる技能を深めます。
2. 受講対象者(監査人対象者)

パルシステム連合会組合員・職員・生産者


1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る