左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2006年10月20日 パルシステム生活協同組合連合会

「産地へ行こう。ギルドフェスタオルガニカ06」を開催します
パルシステム連合会は、10月28日(土)茨城県行方市において「産地へ行こう。収穫祭 ギルドフェスタオルガニカ06」を開催します。産直農産物の消費者である生協組合員とその家族約190名が参加し、産直産地ギルドの生産者のみなさんと秋の収穫を祝い、交流を深めます。

昨年の模様の画像 パルシステム生活協同組合連合会(10会員・会員総事業高1,544億円/会員生協の組合員総数94.1万人)は、「産地へ行こう。」ツアーを開催し、命を育む食の生まれ故郷を訪ねる「体験」と「発見」を通して、産地生産者と生協組合員の交流を深めています。

 来る10月28日(土)、個人対応型くらし課題解決事業「パルシステム」の産直産地「有機農法ギルド」(茨城県行方市)にて「ギルドフェスタオルガニカ06」を開催します。
 有機農法ギルドは、茨城、千葉、栃木、群馬の4つの県にまたがる有機農業生産者のネットワーク組織です。農地は有機JAS認証を取っており、認証取得農地の広さでは全国屈指の先進地です。

 パルシステムでは、「ふーどの有機野菜セット」(※)、「ふーどの平飼いたまご」のほか、ふーどのトマトやほうれん草・さつまいも・ゴボウなどを有機農法ギルドからの産直品として取り扱っています。

 今回の「ギルドフェスタオルガニカ06」は、「ふーどの有機野菜セット」や「ふーどの平飼いたまご」などを利用している生協組合員に参加を呼びかけ開催するもので、まさに顔の見える産直交流となります。
 当日はパルシステムグループの組合員とその家族約190人が参加し、ダイコン、春菊、キャベツ、小松菜などの収穫体験をするほか、竹串から手作りするやきとり作りや餅つきも予定しており、小さな子どもから大人まで、収穫体験を楽しみながら、生産者と消費者の交流を深める予定です。

■「ギルドフェスタオルガニカ06」

日時: 2006年10月28日(土) 11:00〜14:30
場所: 有機農法ギルド
茨城県行方市次木580-1  電話:0291-35-3149
ふーどの有機野菜セットの画像

■スケジュール

10:30 受付開始
11:00 開会式
収穫体験
12:00 餅つき・昼食・試食
竹串からのやきとり作り
14:30 閉会

■有機農法ギルド

有機農法ギルドのメンバーは、有機農業歴10年以上の農家ばかり。茨城・千葉・栃木・群馬の4県からパルシステムの組合員に「ふーどの有機野菜」や「ふーどの平飼いたまご」をお届けしています。霞ヶ浦や北浦の環境を守る活動にも力を入れています。

※ふーどの有機野菜セット

有機農法ギルド・三里塚微生物農法の会・有機農法菱田の3産地からお届けしています。セットされる野菜は、JAS有機認証の有機栽培および転換期間中有機農産物であることが条件です。天候に左右されることの多い有機野菜を、セット内容を産地にお任せすることで安定した供給を実現しています。


1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る