左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2006年8月16日 パルシステム生活協同組合連合会

パルシステムの取引先が参加「品質管理学習会」開催します
8月25日(金)、パルシステムのお取引先のみなさんによって構成する「パルシステム協力会」が、協力会の会員を対象に品質管理学習会を行います。第3回目となる今回は、「工場および委託先の品質管理向上の体制作りと運営」をテーマに、協力会会員のみなさんが参加する予定です。

昨年の学習会の模様の画像 パルシステム連合会(10会員・会員総事業高1,544億円/会員生協の組合員総数94.1万人)のお取引先のみなさんによって自主的に組織された会「パルシステム協力会」は、8月25日(金)、「品質管理学習会」を開催します。

 「パルシステム協力会」は、1990年に発足し、現在はパルシステムグループのお取引先289会員で構成されています。会の中には「組合員交流委員会」、「物流部会」、「環境部会」、「品質管理部会」、「異業種交流部会」の1委員会4部会活が設置され、組合員のみなさんに安心して利用していただける商品づくりや業務品質の向上に努めています。各種イベントへの協賛や工場見学、学習会への協力など、パルシステムの活動にともに取り組んでいます。

 今回開催する「品質管理学習会」は協力会の会員を対象に、この協力会の活動部会の一つである「品質管理部会」が主催し、パルシステム連合会品質管理部が協力して開催するものです。品質管理部会では、「HACCP」「TASIQAシステム()」(パルシステム品質保証認定制度)の普及啓蒙や一般的衛生管理の推進に取り組んでいます。
 品質管理学習会は今回で第3回目となり、これまでの学習会に参加した会員のみなさんのご意見ご要望をもとに、「工場および委託先の品質管理向上の体制作りと運営」をテーマにして開催します。当日はすすんだ品質管理の取り組み実践例を学ぶため、協力会会員のみなさんが参加する予定です。

■パルシステム協力会「品質管理学習会」

日時 8月25日(金)14:00〜17:00(受付開始13:40)
場所 大田区産業プラザ(PiO)4階コンベンションホール・梅(会場定員180名)
電話:
交通:
03-3733-6600
京浜急行「蒲田駅」東口下車徒歩3分、JR京浜東北線「蒲田駅」東口下車徒歩12分
進行概要
1. 開会挨拶
2. 「あるべき現場監査のシステム」(イカリ消毒(株)CLT研究所所長 島田氏)
3. 「推進・改善チームの運営実践事例」とディスカッション
・(株)パル・ミート山形事業所の実践事例
・共生食品(株)の実践事例
・参加者との質疑応答と事例報告
4. 閉会

パルシステム品質保証認定制度/TASIQAシステム(タシカシステム)

Trial(試み) Authorization(認証) for Safety(安全) Improvement(改善) and Quality(品質) Assurance(保証) system(制度)の略。

これまでのパルシステム協力会とのHACCPの取り組み実績をふまえ、2002年度にパルシステムの独自性を組み込んだ、「自主認定制度」。試験運用の後、2005年度に制定。このシステムにより工場の公開確認会を行っており、2006年度からは更新監査や認定証の発行を行う予定です。


1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る