左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2006年7月13日 パルシステム生活協同組合連合会

『パルシステム 社会・環境リポート2006』を発行しました
パルシステム連合会は、パルシステムグループの2005年度の環境の取り組み、社会貢献の取り組み、コンプライアンスの取り組みをまとめた『パルシステム  社会・環境リポート2006』を発行しました。

「パルシステム 社会・貢献リポート2006」の表紙の画像  パルシステム連合会(10会員・会員総事業高1,544億円/会員生協の組合員総数94.1万人)は、「心豊かなくらしと共生の社会を創ります」との基本理念に基づき、環境活動や社会貢献の分野などさまざまな事業や活動に取り組んでいます。

2005年度は、くらしの場でのCO2削減に1万人以上の組合員が取り組んだ「エコ・カレンダー」をはじめ、杉戸リサイクルセンターの本格稼動やリユースびん回収本数の200万本突破など、さまざまな環境活動に力を注ぎました。社会貢献の分野では、「平和の集い」といった平和活動や、三宅島の帰島支援事業など消費者組織ならではの活動に取り組みました。また、これらの取り組みを進めていくための基礎となる、組織内でのコンプライアンス体制や意識づくりなどを進めてまいりました。
これらパルシステムグループの2005年度の環境の取り組み・社会貢献の取り組み・コンプライアンスの取り組みをわかりやすくまとめ、『パルシステム 社会・環境リポート2006』として発行しました。
パルシステムグループでは、今後も環境活動や社会貢献に取り組んでまいります。

以下のどちらのページからも『パルシステム社会・環境リポート』全ページをPDFファイルでご覧いただけます。
PDFファイルをご覧いただくためにはAcrobat Readerが必要です。

パルシステム連合会の社会貢献活動
パルシステム連合会の環境への取り組み

■パルシステム 社会・貢献リポート2006

体裁: A4版 36P
発行: パルシステム生活協同組合連合会
内容:
・パルシステムの理念ビジョン
・2005年度のトピックス
・地球環境を守る
事業活動と環境負荷
パルシステムの環境目標と活動の実績
パルシステムの環境マネジメント
環境会計
環境保全型農業の普及
環境配慮型商品の開発・普及
(株)エコサポートの取り組み
リユース・リサイクルの取り組み
リデゥースへの取り組み
05年度エコ・カレンダーの取り組み
各会員生協の環境への取り組み
環境コミュニケーション
・2005年度の監査報告書
・社会的責任を果たす
コンプライアンス体制
パルシステム連合会の行動規範
個人情報保護の取り組み
働きやすい職場を作る
雇用・労働状況 
・社会の一員として貢献する
循環型地域社会づくり
くらしの課題−食育の取り組み
くらしの課題−平和への取り組み
くらしの課題−健康で生き生きとしたくらし
災害支援の取り組み
国際産直・国際交流
・パルシステム連合会 沿革


1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る