左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2006年6月13日 パルシステム生活協同組合連合会

「産地へ行こう。ささかみ草取りツアー」を開催します
パルシステム連合会は、6月17日(土)〜18日(日)新潟県阿賀野市で「産地へ行こう。ささかみ草取りツアー」を開催します。草取りをする田んぼは先月5月13日(土)に生協組合員が田植えをした田んぼです。草取り体験のほか、オリジナルかかし作りや生産者との交流会なども行う予定です。

昨年の草取りツアーの画像 パルシステム生活協同組合連合会(9会員・会員総事業高1,498億円/会員生協の組合員総数85.3万人)は、「産地へ行こう。」ツアーを開催し、命を育む食の生まれ故郷を訪ねる「体験」と「発見」を通して、産地生産者と生協組合員の交流を深めています。

 パルシステムグループとJAささかみは1978年から都市と農村をつなぐ産直の事業と交流を続けています。この事業と交流は、環境を保全し持続可能な食料生産をめざす環境保全型農業、資源循環型農業へと発展し、「ゆうきの里ささかみ」からは安全でおいしい農産物が首都圏の消費者、生協組合員に届けられ、また首都圏からは田植えや稲刈り、田んぼの生き物観察等のツアーとしてたくさんの生協組合員が「ささかみ」を訪れています。

 今回開催する「ささかみ草取りツアー」は、5月に開催した「ささかみ田植えツアー」に続くもので、生協組合員が田植えをした田んぼの草取りを行います。安全な米作りをすすめるJAささかみでは、化学肥料や農薬に頼らず、完熟堆肥で土作りを続けています。除草剤を使わないため、雑草も多く、生産者は秋の収穫まで何度も草取りをします。そのうち1回でも手伝おうと生協組合員ら69名がツアーに参加する予定です。

 ツアーでは草取り体験のほか、オリジナルかかし作りや生産者との交流会を行います。また、生きもの観察(オプション)やほたる鑑賞など環境保全型農業をすすめるささかみの豊かな自然を満喫していただく予定です。

■産地へ行こう。ささかみ草取りツアー

日時:2006年6月17日(土)〜18日(日)
場所:新潟県阿賀野市 ささかみ

■スケジュール概要

6月17日(土) 東京駅集合→新潟駅→ささかみ着→草取り体験→かかし作り→夕食交流会(会場:瓢湖屋敷の杜ブルワリー)→ほたる観察会→泊
6月18日(日) 朝食→オプション体験(生きもの観察や笹団子作りなど)→昼食→ささかみ発→新潟駅→東京駅解散


1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る