左メニューへジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
ここから左メニューです


1つ前のページへ戻る
掲載日:2006年5月29日 パルシステム生活協同組合連合会

こだわりの味わい「鹿児島知覧有機栽培の緑茶」新発売
パルシステムは、6月2回企画より「鹿児島知覧有機栽培の緑茶」を発売します。鹿児島知覧で肥料作りから有機栽培に取り組む農家のお茶です。深いコクと甘味があり、毎日飲んでも飽きのこない味わいをぜひお楽しみください。

鹿児島・知覧の生産者の画像 パルシステム生活協同組合連合会(9会員・会員総事業高1,498億円/会員生協の組合員総数85.3万人)は、個人対応型くらし課題解決事業「パルシステム」6月2回企画(商品お届け6月12日〜16日)より、「鹿児島知覧有機栽培の緑茶」を発売します。

 今回発売する「鹿児島知覧有機栽培の緑茶」は、日本有数の茶所である知覧町一帯に広がる茶畑で作られたお茶です。日照時間や湿度の関係で深緑色の美しい水色が出るという鹿児島知覧の土地で、手間ひまかけて有機のおいしいお茶を作りました。

 有機栽培のお茶は「あまりおいしくない」ものが多いと言われるのは、有機栽培と言いながら有機肥料をあまり使っていないため。これは、有機肥料を使うとコストが上がる、葉にうまみ成分が蓄積されて虫がつきやすくなる、といった事情があるためです。

  「鹿児島知覧有機栽培の緑茶」の産地では10年前からお茶の有機栽培を手がけ、お茶の生産者と加工者が手を結び、よりよい生産方法を一緒に追求してきました。自前の堆肥工場をつくって米ぬかや魚粉などを使った手作りの有機肥料を豊富に与えながら、虫がつかないよう茶園の管理をまめに行っているので、有機栽培の大変おいしいお茶と評価を受けています。
  現在、知覧町で有機栽培茶の生産に取り組む農家の数はわずかですが、この「鹿児島知覧有機栽培の緑茶」をきっかけに、有機栽培茶の生産が知覧町一帯に広がろうとしています。

 一煎目だけではなく、二煎、三煎とお茶をいれてもおいしい、有機のお茶をたっぷりお楽しみいただけます。深蒸し仕立てで仕上げ、水色が深緑色のきれいな色であること、また香りが立つことが仕上がりのポイントです。
 労を惜しまず有機栽培のお茶を栽培する信念を持った農家の方々のこだわりが生んだ味わい豊かなお茶を、ぜひお楽しみください。

■鹿児島知覧有機栽培の緑茶

価格:760円(税込798円)
容量:70g
賞味期限:180日
この商品はパルシステムの3つの商品案内のひとつ、「Kinari」の5月2回企画で先行して新登場しました。
鹿児島知覧有機栽培の緑茶の商品画像


1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る